・・

自治会だより


◎町内防災訓練に参加しよう!
   新企画:1.消防によるスモーク体験 2.市職員によるAED講習
    小学生、中学生諸君を含め多数の参加お願いします
     日時:平成25年11月17日(日)8時30分
     集合場所:各区集合場所から小公園へ

<地区運動会報告>
 第48回東小区市民運動会が、10月13日(日)午前9時30分より東小学校運動場で行われ、当町は、団体戦で参加8町内中7位と振るわず、優勝は大社町。
 しかし、個別の団体戦(スーパーキッズリレー、玉入れ、水増し)では3位と健闘しました。
 順位はともかく参加に意義ありですが、他町内に比べ、参加者少なく上位入賞できないのが、今後の課題です。


<暑い暑い夏祭り、御苦労さま!>

 今年は、当番町全ての山車(広小路、栄町、寿町、西若町 泉町)が、本町内を通過しました。

<敬老金配布と敬老大会>
 8月に三島市から、平成25年度敬老金5000円が、当町75歳以上の方に配られました。今年の受給者は174人、最高齢は102歳、100歳代2名、90歳代18名、80歳代98名、75〜79歳の方が56名となっています。また、77歳の喜寿、88歳の米寿の方には、お祝い品として箸がプレゼントされました。 

東本町1 1区 2区 3区 4区 5区 6区
75歳以上 44 43 31 23 14 18


 一方、東部南地区自治会では、三島市から支援を受けて、9月19日(木)午前10時より三島市老人福祉センターで敬老大会を開催します。当町からは16名の参加があり、演芸大会で、踊り、バンジョ?演奏、マジック、カラオケ、などが披露される予定です。

<防災関連活動>
  9月1日、庄司防災委員長を中心に定期防災点検が、専任防災委員、区長初め区防災の各委員が集まり開催されました。
  11/17に本町内の防災訓練が東小で行われます。特に小、中、高の学生諸君の参加を期待しています!
・東小学校区防災教育推進連絡会議が、10月に開催され、初めて広域避難所運営の在り方が議論され、来年にむけた合同訓練の準備がスタートします。


平成25年度 「三島夏祭り」は言成小公園に自治会本部開設します
<三島夏祭り情報>

8月15日 20-21時 東部南地区山車5台が競合い(当番町山車撤収後)
 ※当番町山車は期間中、東本町1丁目内を4台行進(ご声援を!)

据置山車当番 8/15(木) 8/16(金) 8/17(土)
東本町2丁目 東町 日の出町
東本町1丁目 南二日町 大社町

・東部南シャギリ大会:8/15守綱八幡神社(12:30)  
・町内通過山車:8/15 栄町(東一と競合い)8/16 西若町、寿町 8/17 西若町 (詳細は回覧で)

★間眠神社祭典 7月27日(土) 南二日町担当で行われます。ご参加ください!


<防災関連活動>

 6月27日に東小学校防災教育推進連絡会議が、東小区自治会、防災関係者が参加して行われました。その中で広域避難所運営の在り方が議論され、来年にむけ合同訓練などが検討されることになりました。
 7月17日社会福祉会館にて避難所での対応を想定した防災講習会が行われました。又、7月7日には定期防災点検が専任防災、区防災の各委員が集まり開催されました。

<交通安全> 
夏の交通安全県民運動が7/11-20 展開されました。その開始にあたり、7/11に市役所前にて市長、警察、各自治会、交通安全リーダー、等による、一斉街頭広報が行われました。


平成25年の三島夏祭り 
大社前の据置山車 東部南地区6町が当番です。
  [8月15日]夜の部は東本町1丁目の山車が担当。皆で盛上げを!
     
 東部南地区6町(東本町1丁目、2丁目、日の出、東町、南二日町、大社町)が据置山車を仕切ります。
 東本町1丁目は、15日夜間を担当。また、6町企画として「夏祭り隆盛」「6町の親睦・地域活性化」を目的に「東部南シャギリ大会」を開催。
 8/15守綱八幡神社 社頭(日の出町)12:30-14:00   
  ※シャギリ会は新人募集中(神尾氏へ)


日赤社費への多くの御寄附に感謝いたします。
秋の防災訓練(11月17日)は全員参加の行事です。ご協力をお願いします!
     
<きずなトーク報告(5月21日)>
 平成25年 第1回地域づくり市民会議(東小区きずなトーク)が、5月21日(火)市役所にて開催。テーマ「子供の健全育成と高齢者が安心できる地域づくり」。各自治会長、東小南中学校、各PTA会長、民生委員、老人会、子供会、スポーツ推進委員会、体育振興会、が参加。
 専門の地域コーディネータの司会のもと、市長を交え「少なくなる子供、多くなる老人」の問題に取り組む各地域の現状について情報交換がなされました。この内容は三島市のHP「きずなづくり」に掲載されています。

<その他の6月活動/行事>
     
(1)  東小学校運動会(6月1日): 晴天のもと、PTAや多数の来賓の方を迎え盛大に行われました。
(2)  南中学校講演会(6月15日):元日本IBM代表取締役 北城恪太郎氏から「21世紀に生きる君たち」と題して全校生徒に講演がありました。終了後生徒から多数の質問が発せられ時間不足になるほどの熱心さが印象的でした。

★皆さまの活動をHPへ!

 地域交流の手段として、活動内容を、HPに寄稿してください。



平成25年度 三島市環境美化推進大会参加 報告

6区 三島市環境美化理事 清水祐二 
開催日時 6月6日(木) 13:30? 
会場   三島市民文化会館 小ホール

式次第 1部 環境美化功労者表彰
2部 環境講演会

 今回皆様の代表として功労者表彰を受ける事ができました。
 大変に感謝いたしております。ありがとうございました。
 三島市はここ数年で非常にきれいな町になったと自信も感じています。それは三島市長から話もあり「他県からこられた方は三島は水がきれいでまた、町にもごみが落ちていいませんね。感心しています」とありました。自身が考えるに、それは町ぐるみで町内をきれいにしている意識や行動に他にありません。
 細かく言うと自分たちの町は自分たちできれいにする行動です。これがあるからこそこのきれいな状態が保てるのだと思います。
 生活の中で、切っても切れない事が「ごみ」が出ることです。近年は分別ごみ・リサイクル等によりごみの低減の図られていますが、ゼロにはなりません。ただゼロに近づける努力はできます。
  これからも皆様のご理解・ご協力宜しくお願いいたします。
 少々話はそれましたが、2部の講演会内容をちょっとご説明いたします。
 講演した方は「公益社団法人におい・かおり環境協会 事務局次長 諸井澄人氏」です。
 正直、このような団体を知りませんでした。ただ話を聞くに連れて「においのスペシャリスト」である事がわかりました。そもそも「におい」とはなんでしょうか?
1.どのようにしてにおいを感じるのか?それは鼻の奥の嗅粘膜に吸着してそれを脳が感知して知る事ができます。
2.臭いの役割は?まず危険を知って身を守る「火事の前に焦げ臭い」など感じますよね?
 もし感じなければ生命の危機になります。またにおいにより「おいしい・まずい・くさい・いい香り等」生活に一体化しています。動物はこの臭いにより「敵・味方」を判断しています。香水も自分を表現・アピールする一つの方法なのでしょう。ここ数年前からの言葉に「加齢臭」がありますがこれは人により感じ方が違いますね。
 思いますに、においに敏感すぎても・感じなさすぎても困りますね。生活の臭いは
色々な対処方法があります。詳しいことを調べたい方は以下のアドレスで調べてはいかがでしょうか?
 アドレス:http://www.orea.or.jp TEL: 03-5835-0315



平成25年度 町内清掃作業 報告
多数の皆様「ご苦労様でした」。ご協力ありがとうございました。
     
1.日時 平成25年6月9日(日)AM9:00〜10:00
   集合場所 1区防災倉庫前(庄司副会長宅前)
2.場所 東本町1丁目西側市道(歩道)→1,2区担当
   (つるたフトン店〜ヨーカ堂交差点迄 250m)
   1区防災倉庫周辺    →1,2区担当
   間眠神社公園広場   →3〜6区担当

3. 作業内容 道路清掃 草取り、ゴミ収集等(作業説明 庄司副会長)
     ゴミ収集:  三島市清掃センター運搬車利用
     ゴミの数量: リヤカー2台分 ゴミ袋(45L) 100枚
     各区の区長、環境美化委員をリーダーとして作業実施

4.参加者  1区50名 2区40名 3区20名 4区9名 5区15名
       6区13名 役員(三役)専任防災委員 9名
       全156名参加(H24は127名)

5.その他  米山会長の挨拶、
清水祐二環境美化委員より三島市環境美化大会(6/6)の報告
参加者全員にお茶、ジュース、缶コーヒー等の配布
作業準備、後片付けは、役員、専任防災委員が主に行った。
三島市清掃センター連絡 tel971-8993
清掃用具は、防災倉庫内に保管
 リヤカー2台、1輪車 2台 竹ほうき、スコップ、鍬 他


自主防災会 報告
<防災関連役員>     
 平成25年4月14日
 東本町1丁目自治会総会にて、平成25年度自主防災委員は下記の通りとなりました。
 防災会長 庄司順吉(1区) 
 専任防災委員   土屋達夫(1区) 山本 弘(2区)
          溝口忠孝(3区) 田村高幸(3区)
          秋津与作(4区) 清水祐二(6区)
 防災委員     松山清二(1区) 武藤和子(1区)
          曽根孝光(2区) 馬渕博史(2区)
          中村れい子(3区)田中茂弥(3区)
          持田文雄(4区)
          藤沼寿栄男(5区)佐野良治(5区)
          和田欣也(6区) 杉山光夫(6区)

<自主防災会の訓練>
1. 日時 平成25年5月5日(日)午前9時より10時30分迄
2. 場所 東本町1丁目小公園南側防災倉庫前
3. 内容 (1)防災機器の点検訓練作業
     消化ポンプエンジン発動機、チェーンソウ(2台)の運転
   (2)町内巡回、消化器点検
4. 参加者 自治会長、副会長、各区区長
      専任防災委員、各区防災委員
             全20名出席(ヘルメット、腕章、着用)
5. その他 次回訓練は、7月7日(日)実施 雨天決行

<平成25年度 三島市自主防災組織事務説明会> (米山、庄司 参加)
1. 日時  平成25年5月13日(月)午後7時?8時30分
2. 場所  三島市社会福祉会館 4階大会議室
3. 出席者 三島市長、市職員(危機管理課他)防災指導員、
自治会会長、防災会長他 約200名
4. 内容  (1)防災組織の運営  (2)防災訓練の実施
    (3)防災マップ    (4)防災資材、機材の購入補助金
    (5)防災リーダーの研修会実施(7月12日実施)



新年度に当たり多くの総会、役員会が開催
          委員会の活動もスタートしました。


<三島市自治連定時総会(4/23)>     
 平成25年度三島市自治連定時総会が4月23日開催され、平成25年度事業方針案、同予算案が承認、役員改選などが行われました。平成25年度役員は次の通りです。
 会長:長谷川清成(光が丘1丁目)
  副会長:山下聖秋(見晴台)大村晥伸(広小路 新任)渡邉了功(中央町)桑島孝(加茂川町1区 新任)杉山昇(御門)西島利一(中島町)
※なお、東部自治連南地区は鈴木信行(日ノ出町)、北地区は桑島孝が担当します。

<間眠神社氏子総会(5/11)>     
 平成25年度の氏子総会が東部コミセンで開催、当町からは8名の役員(昨年は15名)が出席。事業計画、予算などが承認され新役員に委託状が渡されました。
 今年の間眠神社の祭典は、7/27(日)(例大祭より前になりました)南二日町が担当します。

<東本町1丁目役員会 (第1回 5/20)>
 平成25年度第1回役員会が区長、副区長が出席し行われました。議題の日赤社費頒布、町内清掃、啓発用ミックス古紙配布などの他、大社据置山車(今年本町当番)への協力、シャギリ会員募集(会長の神尾さんがイキなポスターを作成、集会所等に掲示),防災体制の説明、役員連絡方法の電子化、HPの活用などが議論されました。また、役員順番制(H27年度より)に向け早めの準備(議論)が必要との話題もあり各区長に推進をお願いしました。 ※日赤社費については、近日中に組長さんが各戸に伺いますのでご協力お願いします。

<その他の5月活動/行事>     
(1) 東子連ドッジボール大会(5/19) 高位入賞(高学年の部 3位)、
 三島東小運動場にて、好天に恵まれ盛大に開催。ベスト応援チーム賞も獲得。
 詳細は、各区共通活動・報告に掲載、子供会会長(杉山悦子さん)から御投稿いただく予定。お楽しみに!

(2) 自主防災会 防災点検(5/5)
 H25年度初の防災点検が、庄司自主防災会長を中心に専任防災委員、新任の各区区長及び防災委員の参加で防災機器、用具の点検、町内一周して消化器、防災倉庫の場所確認が行われました。自主防災会の活動は、隔月(次回7月)行われますので担当役員の皆さまよろしくお願いします。


区長、環境美化委員中心の町内一斉清掃
 =皆さん協力しましょう!!=
・実施日時:平成25年6月9日(日)午前9時より
・集合場所:西側防災倉庫付近(庄司副会長宅前) 6/6環境美化推進大会


小川会長 6年間 ありがとうございました。
 =平成25年度定時総会終わる=

 平成25年度東本町1丁目自治会定時総会が、4月14日(日)午後7時より東部防災センター2階で各区の新旧役員が出席して行われ、平成24年度活動報告、同決算報告、監査報告、役員改選、平成25年度活動方針案、同予算案が承認されました。役員(3役)については、平成27年度より各区順番性となり、平成25,26年度は、その移行時期で、平成24年度の役員が分担して運営していくことになりました。水越相談役は退任され、小川会長(9年(内,副3年)は退任後相談役に就任、又永年の功績を称え、感謝状と記念品が贈呈されました。最後に全員の紹介を行って終了しました。

<4月の主な活動/行事>     
(1) 春の交通安全活動(4/5)
7:30より市役所前にて市長、警察署長のあいさつのあとのぼりを掲げ街頭啓蒙活動が行われました。
(2) 東小入学式(4/5)
新入生60名を迎え、校長先生の話や担任の先生の紹介が寸劇を交え楽しい雰囲気の中で行われました。
又、本町内の馬渕博史さんがPTA会長としてあいさつされました。
(3) 友和会総会開催(4/15) 新規会員が10名増えました。
東部防災センターにて、総会が開催されました。今年は、新規会員も増え活発な活動が期待されます。
総会のあと、手品(石崎敏夫さん)や踊り(鈴木暁子さん)が披露され、カラオケなどで楽しく過ごしました。 詳細は、HPに掲載しますのでご覧ください。
(4) 子供会廃品回収(4/21) 
新子供会会長(杉山悦子さん)のもと、廃品回収を行う予定。ご協力をお願いします。
(5) 春のハイキング(4/28)
東小区体育振興会主催(自治会の担当は、体育部長 山下博巳さん)によるハイクを予定。東本町1丁目から7名参加。バス1台を貸切、湖尻峠、丸岳から箱根の新緑を満喫したいと思います。


来年度、新たな体制でスタート=全役員出揃う

 平成25年度の各区の役員が決まり、4月1日から新体制でスタートを切ります。各区とも、区長、組長などそれぞれの引き継ぎはもう済ませたことと思います。暫く、新旧の切り替えで大変ですが、よろしくお願いいたします。なお、平成25年度の役員名簿については、総会議案書末尾に掲載しましたので、組長は、総会終了後に回覧などで、みなさんにお知らせください。
 平成24年度の役員のみなさまには、1年間、自治会活動に、ご理解ご協力をいただき有難うございました。
平成25年度区長・副区長(左が区長、右が副区長・敬称略)
1区  板倉徹哉   武藤和子
2区  渡辺  勲  飯塚敏雄
3区  溝口忠孝   小林嗣豊
4区  加藤佳子   鈴木あい子
5区  堀井誠一   渡辺健典
6区  小松崎三誉  緑川弘美


想い出の校舎を後に、東小・南中で卒業式

 3月19日(火)午前9時から東小学校で、来賓、父兄が出席し、平成24年度の卒業式が行われました。
今年の卒業生は2クラス65人。卒業生は1人1人壇上に上がり、大きな声で両親、先生への感謝、学校生活の思いで、中学進学後の抱負、将来への望みなどを述べた後、渡辺輝彦校長から卒業証書が手渡されました。最後に、卒業生は、「はばたけ 未来へ」の門出のうたに送られて、想い出の校舎を後にしました。また、同日13時から南中学校でも卒業式が行われました。


憤慨!フン害! ー 犬のふんは必ず持ち帰ろう!

 町内を回ると時々犬のふんをとらないでそのままに放置してあるものを見つけます。その後始末は、同じ町内の方がやっているのです。愛犬のふんを持ち帰ることは、犬を飼う人の最小限のマナーです。犬のふんは飼い主が必ずとって、持ち帰ってください。


飼い主のいないねこには!

 飼い主のいないねこをみつけ、市(三島市健康づくり課)へ届けると、避妊手術か去勢をしてくれますが、規則により、必ず元のいた場所へ戻されます。
当然、ねこはお腹がすけば、ゴミ置き場のごみをあさって食物を得ようとします。ごみを出す場合には、ねこが食べるような生ごみは、必ず袋の中心部にいれてごみ袋をねこに食い荒らさせないようにお互いに注意しましょう。

伊豆マラソンに協力=お疲れさまでした
 第6回伊豆マラソンが、2月17日(日)午前行われ、当町自治会では走路員として協力しました。このマラソン大会は、三島市の活性化推進が目的の1つに上げられていて、三島市が後援、三島市自治会連合会が協力団体に入っていることから協力することにしました。当日は、三役、区役員、専任防災委員、しゃぎり会員など21名の方が午前8時に集合、実行委員会から支給されたスタッフ用のジャンバーを着用し、町内21ヶ所で交通規制や、応援者が走路へ入らないよう注意するなどに努めました。協力していただいた方に、心から感謝いたします。


赤ちゃん誕生祝い豆まき大会実施

 2月2日(土)、節分には1日早めの赤ちゃん誕生を祝う豆まき大会が、東地区防災センターで行われました。
当日は、あいにくの雨のため、室内のイベントになりましたが、昨年8月に誕生した1区の高田唯夏ちゃんを、町内みんなでお祝いし、無事の成長を祈念しました。
唯夏ちゃんには三島市からお祝い品が渡され、豆まき、ビンゴゲーム、輪投げなどと併せ、子供しゃぎりのお囃子も賑やかに演奏、土曜日の午前中のひと時をみんなで楽しみました。
 ご協力いただいた区役員、専任防災委員、子供会、しゃぎり会、友和会のみなさまに感謝いたします。

定期総会、4月14日(日)に開催=第6回役員会開かる

 今期最後になる予定の第6回役員会が、2月7日(木)午後7時から、三役会に引き続き集会所で行われました。
 この中で、平成25年度定期総会を4月14日(日)午後7時から、東地区防災センターで行うことを決めました。また、今後の定期総会については、毎年、4月の第2日曜日に行うことを決めました。
 さらに、平成25年度は役員改選期に当たるため、新三役の選考の報告、規約改正案、伊豆マラソンへの協力について提案し、いずれも承認されました。

次期自治会長に米山氏、副会長3氏留任=総会で承認はかる

 平成25年度、26年度の自治会役員について、1月10日の三役会で選考の結果、会長に米山良博現副会長の新任、副会長は、庄司順吉氏、高野忠久氏、加藤繁氏の3氏に留任していただくことになりました。
また、庄司副会長は防災、高野副会長は総務、加藤副会長は会計をそれぞれ兼務していただくことになりました。現小川正三会長は退任し、相談役に就任することとしました。
 これらの役員人事については、2月7日の第6回役員会に報告しましたが、さらに、4月14日に行う平成25年度定期総会で承認していただくことになりました。

赤ちゃん誕生祝い
=豆まき大会迫る!=

子供、大人限らず、大勢のみなさんのお出でをお待ちいたします
日時:平成25年2月2日(土)
午前10時より
場所:間眠神社広場
イベント:豆まき大会 ・しゃぎり演奏
ビンゴゲーム・輪投げ大会
★豪華賞品多数、しじみ汁サービス
*役員の方は、午前8時までに集合を
お願いします。

平成25年成人式行われる

■1月13日(日)市民文化会館で成人式が行われ、今年の新成人約千人が出席しました。豊岡市長が、成人として自身の責任と、社会に対する責任を果たし、人生を切り開いて欲しいと式辞を述べました。


消防出初め式消防出初め式

■1月6日(日)三島市の消防団出初め式が、市役所駐車場でおこなわれ、消防団員と消防職員約490人が参加しました。
 安全・安心のまちづくりの担い手として士気高揚を図り、災害への備えを誓い合いした。


伊豆マラソンに協力=走路員ボランティアに自治会役員

 第6回伊豆マラソンが、2月17日に行われますが、マラソン実行委員会から、走路に当たる町内に走路員ボランティアの要請がありました。同マラソンの目的が、三島市の活性化にあるとのことでもあり、三島市の後援を受けていることも勘案し、これに協力することになりました。役員のみなさんには、よろしくお願いいたします。
 また、町内のみなさんは、沿道で応援をお願いいたします。日時は2月17日(日)8時45分?11時過ぎまで。


会長・副会長輪番制の順番決まる=拡大役員会
 既に1月18日付の回覧でお知らせしましたが、会長、副会長の輪番制の順番が、12月26日の拡大役員会で抽選の結果、下記の表のように決まりました。実施は平成27年度からになります。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。
 なお、平成25年度、26年度は、現在の三役から、会長、副会長を選任することになりました。正式には、平成25年度定期総会で承認していただくことになります。

区分/年度 27・28 29・30 31・32 33・34 35・36
1(1区) 副会長 副会長 副会長 副会長 会 長
2(2区) 会 長 副会長 副会長 副会長 副会長
3(3区) 副会長 会 長 副会長 副会長 副会長
4(4・5区) 副会長 副会長 会 長 副会長 副会長
5(6区) 副会長 副会長 副会長 会 長 副会長

 

 

1区、2区の皆様へ
飼い主のいない猫についての説明会

三島市健康づくり課で、つぎのように開催します。みなさまご出席ください。
日時:1月19日(土)午後7時から
会場:東部地区コミュニティ防災センター
内容:
飼い主のいないねこについて
TNR活動について
その他

防災講演会へ参加しませんか!
=きずなから生まれる健康づくりと災害への備え=

・日時:1月19日(土)14時?16時
・会場:三島市立北小学校
・定員:400名 入場無料
・申し込み:1月10日まで、三島市または自治会長へ(TEL971?1702)
・講師:土居弘幸氏
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授
(静岡県ファルマバレー技術顧問)


豆まき大会、来年2月2日(土)に実施
大勢の方のお越しをお待ちいたします

子どもは地域の宝事業として、町内で赤ちゃんの誕生を祝う、豆まき大会が来年2月2日(土)に行われることになりました。
 この催しは、三島市が県の補助を受け、市内130余の自治会・町内会毎に行うもので、それぞれの町内独自のイベントを計画し、来年で2回目の開催となります。
 当町では、今年2月4日(土)に、第1回目の豆まき大会を間眠神社広場で行いましたが、第2回目も同じく豆まき大会を間眠神社広場で行うことにしました。
 今回、町内で誕生した赤ちゃん7人の内、2人が三島市へ申し込みました。2人の赤ちゃんには、三島市から町内を通してお祝いの品が渡されます。
当日は、しゃぎり会、子供会、友和会の協力をいただき、豆まきと合わせて、しゃぎりの演奏、ビンゴゲーム、輪投げ大会などを行い、豪華賞品も用意して、寒い冬の真っただ中ですが、大いに盛り上げたいと考えます。
 詳細は、再度ご案内いたしますが、開会は午前10時とし、午前中に終了する予定です。ぜひとも、町内のみなさまがこぞってご参加くださるようお願いいたします。
今回お祝いする赤ちゃんは、平成23年10月1日から平成24年3月31日までに誕生した方です。
三島市へ申し込まれなかった方も、今からでも自治会へ申し込めば受け付けますので、早めにご連絡をお願いします。また、ご近所の方も、お知り合いの方にこの情報を知らせてください。「連絡先は、TEL:971?1702自治会長小川」
「写真は第1回豆まき大会の模様」


区毎の輪番制に、会長、副会長選出ルール決まる・平成27年度から実施=第5回役員会ー11月27日(火)
 
 
11月25日(日)に行われた第5回役員会で、会長、副会長の選出ルールについて3回目の協議を行い、三役会が提起した2年毎、輪番で区毎に選出する方法を全員一致で承認しました。実施は平成27年度からとし、平成25年度、26年度については、現行ルールで会長、副会長を選出することになりました。
なお、現行の区割については、小数世帯区の4区、5区を会長、副会長選出に限り統合することにしました。輪番順については、今回の役員会では決めず、後日、改めて輪番順を決めることになりました。
また、これに伴い、自治会規約の改正について、平成25年度定時総会で行うことにしました。


約100名が参加し、町内防災訓練行われる=11月16日
 
 
11月18日(日)、平成24年度町内防災訓練が行われ、小中学生や幼児を含め約100名が参加しました。午前8時30分、区旗を先頭に、町内6区から小公園に集合、小川自治会長のあいさつに続き、庄司防災会長が防災訓練のあらましを説明、その後発電機、可搬ポンプのエンジンを稼働した後、区ごとに本会場の東小運動場へ向かいました。
 訓練は、チエンソーの実演、消火器噴射、担架運び訓練、バケツリレーなどを行い、小学生、中学生も参加し、緊張の内にも訓練独特の和気あいあいの雰囲気も見られました。最後に、副会長、区長、専任防災員、区防災員ら役員の紹介を行い、午前10時過ぎに終了しました。終了後、参加者に乾パン、飲料水ペットが配布されました。
 防災は、自助、共助、公助が基本です。日頃の備えを怠らないようお願いします。
 



災害時要支援者に笛  ピーッ!と聞こえたら
 
 
三島市では、災害時に避難支援を必要とする1人暮らしの高齢者、介護を必要としている方、生活に必要な障害を持つかたなどで、申し出のあった方のみを対象に「災害時要支援者リスト」を作成しました。これによりますと当町内でリストに掲載された方は20名になっています。
これらの方々に、市から万が一の時に助けを求める目的で笛が渡されました。当自治会としては、先の隣組名簿作成の中でも、要支援者家庭の把握をしたところですが、当面は、隣近所の助け合いに委ねることにしています。近所で笛の音が聞こえた場合など、万が一の際には、自助、共助の精神で、可能な限り手を差し伸べましょう。

 

転落防止柵できる
 
 
当町の南端で、イトーヨーカ堂・谷田線沿いにある桜川に、この程転落防止柵が施されました。当町自治会の要望に、三島市が応え、以前からの柵に補強を加えたものです。

生ゴミは必ず水を絞って出しましょう!

紙類はできるだけ燃やさず

ミックス古紙として出しましょう!


 

元気印揃う!高齢者スポーツ大会行われる
 
 
第40回三島市高齢者スポーツ大会が10月17日(水)午前9時30分から、南二日町多目的広場で行われました。市内49クラブ約1000人の元気な高齢者が、団体戦3ゲーム、個人戦3ゲームに出場、応援者も一緒になってゲームを楽しみました。当町からも友和会会員13名が参加、団体戦では、東部地区チームの一員として頑張りました。
 団体戦では中部地区が優勝、東部地区は6地区中最下位に甘んじましたが、個人戦では、友和会から1位に入る人も出て、大いに気を吐きました。当日は、午後から雨が降るとの予報が有りましたが、早め早めの進行で午前中に全種目を終え、けがも無く無事大会を終了しました。


スポーツの秋、運動会、高齢者スポーツ大会などに、当町のみなさんが集う!
 
 当町、団体戦で健闘し4位に=東小校区市民運動会 
 第47回東小校区市民運動会が10月7日(日)午前9時30分から、東小学校運動場で行われ、当町は、団体戦で参加8町内中4位と健闘しました。      
優勝は東本町2丁目、2位大社町、3位東町の順でした。昨年7位と振るわなかった当町は、今回、バランスリレー、玉入れで2位、水増しリレーで3位と団体戦3種目で入賞しましたが、あと一歩のところで、団体戦入賞圏内の3位を逃しました。
 当日は、前日からの雨が降り続き、開催が危まれましたが、1時間遅れで決行、時折大粒の雨に見舞われたものの、午後にはようやく止み、実行委員会や大会役員のスムーズな運営で無事に運動会を終えることができました。 当町でも、早朝7時に自治会役員などが集合しましたが、1時間遅らせた8時に再集合し、グランドにテントを張るなど準備に協力していただきました。自治会役員、大会運営委員、選手、応援のみなさん、大変お疲れさまでした。
 

ゴミ出し時の協力お願
 
●資源ゴミは必ず収集日に出して下さい
●燃えるゴミを減らし、紙類はミックスゴミとして袋に入れ、資源ゴミ収集日に出して下さい
●生ゴミは、必ず水分を絞って出して下さい

 

みんなで校区運動会に出よう!
 
 第47回東小校区市民運動会が、10月7日(日)午前8時30分から東小運動場で行われます。当日は、テント張りなどの準備を行うため、各役員は午前6時に小公園(防災倉庫置き場)に集まっていただくことになっています。
また、出場申し込み者の他、当日でも出ることができますので、是非とも東小運動場「東本町1丁目テント」にお集まりください。お弁当、飲み物が自治会体育部から出ます。

 

元気な証拠、205人が参加=東部南地区敬老大会行わる
 
 東部地区(南)敬老大会が、9月20日(木)午前10時から、三島市山田の老人福祉センターで開催 
 この敬老大会は三島市の補助金事業として市内6自治会連合会単位で行われているもので、東部地区は19日に北地区、20日に南地区の2日に分けて行いました。
 当日は、東部南6町内から75歳以上の方205名が出席しました。第1部式典では、当町の黒川弘さん(3区)以下7名の方が高齢者表彰を受けました。第2部の演芸大会では、15組が出演、当町からは、99歳の津田たまさん(4区)が哀愁波止場を熱唱、応援として鈴木暁子さん(5区)が舞踊むらさき小唄を妖艶に踊り、マジックショーで石崎敏夫さん(1区)が熱演しました。特別出演の江戸芸「かっぽれ」を堪能した後、お楽しみ抽選会が行われ、和気あいあいの内に14時30分閉会となりました。当町から参加した23名の方、ご協力いただいた4名の方大変お疲れさまでした。
 

 


当町しゃぎり、田町駅前でも熱気の演奏=三島夏まつり
 
 役員のみなさん、ご協力有難うございました 
 三島夏まつりは、8月15日(水)から17日(金)まで開催、初日は断続的に雨が降りましたが、あとの2日は好天に恵まれ、3日間で約47万人の人出を記録しました。今年の当番町は、田町連合(田町6町内)、南本町、本町大中島、本町小中島。当町は、小公園に本部を設け、当番町を迎えました。
 また、今回は田町連合が当番町に当たったため、田町駅前の据え置きを当町が依頼され、しゃぎり会のみなさんが、本部と掛け持ちでしゃぎりを演奏、伊豆箱根鉄道の乗降客をはじめ、通行する人達から注目されました。
 また、しゃぎり会は、初日の15日に、日の出町に集結、昨年から始めた東部南6町内のしゃぎり競演にも参加しました。
 15日から17日までの本部詰めに加え、14日、15日早朝、17日の夜にかけ、山車を間眠神社、田町駅前まで搬出、搬入にご協力をいただいた町内役員のみなさん、しゃぎり会のみなさんに厚く御礼申し上げます。
 



高齢者に敬老金=町内で75歳以上の方169名、9月20日に敬老大会
 
 8月に、三島市から、平成24年度敬老金5,000円が、当町75歳以上の方に配られました。今年の受給者は169人、最高齢は101歳、90歳台が19名、80歳台87名、75歳?79歳が62名となっています。また、77歳の喜寿、88歳の米寿の方には、お祝い品として箸がプレデントされました。
 一方、東部南地区自治会では、三島市からの支援を受けて、9月20日(木)午前10時より、三島市老人福祉センターで敬老大会を開催します。参加対象者は、敬老金を支給された75歳以上の方になっています。当町から、現在22名の参加申し込みがありますが、他の町内に比べて申し込み者が少ない状況です。今からでも、追加で申し込みを受け付けたいと思いますので、ぜひとも早めにお申し込みください。




間眠神社例大祭行われる
 
 8月1日(水)、間眠神社例大祭が行われました。午前10時過ぎ、伝統を継ぐ大しめ縄が伊豆の国市韮山長崎から運ばれ、鳥居に取り付けられました。
午前11時から、社殿内で、大社鳥居宮司による神事が行われました。その後、防災センター2階で町内役員を含め、直会を行って例大祭を締めくくりました。
今年の間眠神社祭典は、東本町2丁目が当番町で、7月31日(火)8月1日(水)の二日間、賑やかに開催されました。当町からも、藤沼さんのバンドが特別出演、これに乗って3名の方が歌の出演をしました。




自治会役員選考ルール検討=役員問題検討会
 
 自治会の役割は、市とのパイプ役や祭り、防災、環境美化、体育活動など町民生活に欠かせませんが、特に、東日本大震災発生以後は、必ず到来すると言われる東海大震災、東南海大震災や、少子高齢社会への対応などますます重要になっています。
 これらに対応するためには、自治会を相互扶助の精神に則って、町民一人ひとりが協力、共同して運営を図ることが大切です。そのため、自治会役員は、人任せではなく、自身の責務として選考するためのルール作りが急がれています。
 現在、区長などの選任は、区ごとにルールが決められていますが、自治会長、副会長の選出については、決まったものがありません。
 そこで、いま、自治会三役で「役員問題検討会」を設け、自治会長、副会長の選出ルール作りの検討を行っています。これまで2回行ってきましたが、一定の素案ができたところで、役員会(区長・副区長出席)を開き、来年度から新ルールで自治会長、副会長の選出を行いたいと思います。みなさんのご理解ご協力をお願いいたします。

 

夏の交通安全街頭広報行われる
 
 7月11日(水)全国いっせい夏の交通事故撲滅運動街頭広報が、三島市でも行われました。朝7時30分、市役所駐車場に、自治会、町内会、老人会、市役所幹部らが集合、豊岡武士市長、三島警察副署長のあいさつを受けた後、各人が市役所前道路の両側に分かれ、交通安全ののぼり旗をたてて、交通事故撲滅のPRに努めました。
 三島警察署管内事故発生状況(6月末日)は下記の通り。相変わらず高齢者の事故が多いようですので、気をつけましょう。

区分

6月発生状況

比較

今年度発生状況

比較
件数 101 -5 623 -7
死者   -1 2  
負傷者 128 -6 815 +26




7月定例防災点検行う
 
 7月1日(日)午前9時から、小公園で、三役、区長、副区長、区防災委員、専任防災委員など25名が集まり、自主防災の定例点検を行いました。いつものように、防災備品を点検した後、移動消化ポンプを町内桜川辺に持ち出し、川の水を使って噴射の訓練を行いました。防災点検は、奇数月の第一日曜日に行うことになっており、次は9月2日(日)に行う予定です。


町内桜川べりに、安全のための柵設置認められる
 
 当町内の南側で、イトーヨーカ堂、谷田方面道路脇の桜川支流には柵が一部しかなく、万一、幼児、学童などが転落した場合には、大事故に繋がるとして、三島市へ転落防止の柵を増設するよう要望したところ、この度それが認められました。




登校時間 私たちが見守っています
 
 登校時間の午前7時過ぎから8時前まで、町内6カ所で、毎日子どもたちの見守りと、互いにあいさつを交わしています。元気に登校する子供たちの笑顔を見るのが楽しみです。

「写真」は満田博志さん、田村明さん、溝口忠孝さん、庄司順吉さんと小川正三です。なお写真はありませんが久保田将賢さんもメンバーになっています。




要支援対象者増える 隣組で見守りを
 
 先に提出していただいた隣組名簿によると、世帯数は428、家族の人数は1016人になっています。また、要支援対象者は33人で、前回提出時より5名増えています。
要支援者については、災害時と合わせて、日常どのように支援するのか、自治会として、態勢作りを急がなければなませんが、一番、身近で、直ぐ出きることは隣組での見守です。
 隣組のよしみで、是非とも、日常の見守りをよろしくお願いいたします。


町内いっせい清掃に、過去最高の約140名が参加
 
 6月10日(日)午前9時から、年1回の町内清掃を住民約140名が参加して行われました。
この日は、薄曇りの清掃日和。作業に先立ち、小川自治会長が「三島市環境美化推進大会」で確認したゴミゼロ、資源循環型社会を目指すため、今すぐ出きることとして、ミックス古紙促進、生ゴミは必ず水を絞って出すこと、自家の周りの清掃に努めていただきたいことなどを訴えました。また、町内いっせい清掃の一方の目的は、町民が集まることによって、災害など万一の場合の団結を深めるためだと述べました。
次いで庄司副会長が、本日の作業手順について説明した後、さっそく参加者は、それぞれ割り当てられた現場に散って作業を開始しました。
作業は、1区から3区が、防災倉庫付近、イトーヨーカ堂通り歩道の東本町1丁目側、4区から6区が間眠神社境内、広場における雑草取り、落葉の収集などで、さすが人海戦術が功を奏し、50分程度で雑草、落葉などが山となり、三島市が手配してくれたパッカー車に積み込まれて、ほぼ予定時間の10時過ぎに作業を終了しました。日曜日でおくつろぎのところ大変お疲れさまでした。

 

三島市環境美化推進大会行われる
 
 6月1日(金)午後13時30分~15時50分まで、三島市民文化会館大ホールで行われました。当町から出席した小川自治会長はじめ三島市登録の環境美化推進員を含め、市内から約270人が参加しました。内容は次の通りです。
(1) 平成24年度「環境美化推進員」341名に対し、豊岡武士市長から代表者に委嘱状が渡されました。
(2) 環境美化功労者として、団体5、個人15人に豊岡市長から表彰状が渡されました。
(3) 環境美化推進大会決議として、ごみゼロ社会。資源循環型社会実現のため、廃棄物の抑制、減量とリサイクルの推進することを訴え、採択されました。
(4) 環境講演会は、「バイオエタノールは地球を救えるか!」~タイの省エネルギー推進事業を担って~と題して、元静岡ガス社員、元JICAボタンティアの松原義三さんの講演がありました。

 

第1回役員会開催=5月24日
 
 平成24年度第1回役員会が、5月24日(木)午後7時から、集会所で、各区の区長、副区長が出席して行われました。
「議題」
(1) 日赤社費頒布について
(2) 身体障害者カタログ販売協力について
(3) 平成24年度の隣組名簿整備について
(4) 町内いっせい清掃の参加促進について
*近日中に、組長さんが各戸にお伺いいたしますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

環境美化推進員会議開催
 
  5月21日(月)午後7時から集会所で、各区の環境美化推進員は出席して行われ、環境美化推進員の役割を確認、ゴミ集積所の見守りなど、無理のない形で、活動することを申し合わせました。
また、理事会が作成した、ミックスゴミの普及についてのポスターを集積所などに掲示することになりました。

 

ドッチボール大会=5月20日
 
  東小学校グランドで低学年6チーム、高学年7チームが参加して行われ、当町は高学年のみ出場しましたが、結果は6位となりました。みんながんばったね!
■低学年
優勝 大宮・加茂川町B
2位 川原ケ谷・日の出B
3位 大社町B
■高学年
優勝 東町バルセロナ
2位 ドラゴンライト(東本町2)
3位 川原ケ谷・日の出A
6位 東本町1丁目

 

防災集会、新役員参加し実施
 
  5月13日(日)9時から小公園に三役、専任防災員、区長、区防災委員20人が参加して行われ、チエンソー、可搬ポンプ、発電機を点検した後、町内各所に設置してある消火器の点検を兼ね、全員で町内を一周しました。集会は10時過ぎ散会しました。
防災集会は、機器の点検と役員同士の意思疎通を図ることを目的に、原則として奇数月の第一日曜日に行うことになっています。

 

三島市自治会連合会総会終わる=4月25日
 
  平成24年度三島市自治会連合会総会が4月25日(水)行われ、平成24年度事業方針案、同予算案を承認、役員改選などを行いました。
*平成24年度の役員は次の通り。
会  長 長谷川清成(光ケ丘1丁目)
副会長・事務局長 山下聖秋(北上地区自治会連合会長・パサディナ自治会長)
:   鈴木 忠(西部地区自治会連合会長・泉町自治会長)
:   渡邉了功(中部地区自治会連合会長・中央町自治会長)
:   小川正三(東部地区自治会連合会長・東本町1丁目自治会長)
:   杉山 昇(錦田地区自治会連合会長・御門自治会長)
:   西島利一(中郷地区自治会連合会長・中島自治会長)

 

隣組の絆を深めよう=平成24年度定時総会終わる
 
  平成24年度東本町1丁目自治会定時総会が、4月15日(日)午後7時から東部防災センター2階で各区の新旧役員が出席して行われ、平成23年度活動報告、同決算報告、監査報告、役員改選、平成24年度活動方針案、同予算案をそれぞれ満場一致拍手で承認されました。その中で、役員については、溝口忠孝副会長(3区・在任8年)が退任、新たに加藤繁さん(4区)が副会長に選任されました。溝口さんには永年の功績を称え、感謝状と記念品が贈呈されました。最後に全役員の紹介を行って、午後8時30分終了しました。
◇平成24年度の重点活動◇
・日常の隣組による助け合いと要支援者の見守り
・正しいゴミの出し方の徹底とミックス古紙の拡大
・子どもの見守り、防犯、防災、交通事故撲滅運動

元気に入場!ぴっかぴかの1年生62名
=4月5日、東小入学式行われる=
 
  平成24年度の三島市立東小学校入学式が4月5日(木)行われました。今年度の1年生は男子30名、女子32名の合計62名。午前9時30分、1組31名、2組31名が担任の先生誘導のもと、来賓、父兄、先生らの拍手に迎えられて元気に入場しました。
入学式は、渡辺輝彦校長のお話、来賓代表として関義幸教育委員長、馬渕博史PTA会長のお祝いの言葉があり、その後、教科書、ヘルメット、入学記念品の贈呈などがありました。次いで、1年生担任の紹介と寸劇、2年生の歓迎のビデオ放映などがあり、午前10時30分新1年生が拍手に送られ退場し、入学式を終えました。

平成24年度正副会長(任期は平成24年度まで)決定

自治会長 小川正三(2区・総括)
副会長  庄司順吉(1区・自主防災会長)
同    米山良博(3区・会計担当)
同    高野忠久(3区・総務担当)
同    加藤 繁(4区・防災担当)
相談役  水越 守(1区・前会長)
監査委員 杉山大一朗(3区)。伊東祥任(3区)
※今回の総会で、永年、監査委員をしていただきました
上田伊兵衛さんが退任されました。
永年、お疲れさまでした。

役員はじめ、町内のみなさん、1年間ご苦労さまでした。=平成23年度=
 
  平成23年度は、3月31日で終わり、4月1日から平成24年度に入ります。平成23年度は、3月11日の東日本大震災を受けて自主防災の重要性がいっそう認識され、今後の自治会活動に繋げていかなければならない年度となりました。  
 年度を通して、計画停電への対応、間眠神社祭典当番町、子どもは地域の宝事業として、赤ちゃん誕生を祝う豆まき大会など、多くの活動を、役員はじめ、町内のみなさんの協力をいただき、つつがなく実施することができました。ここに、1年間のご理解ご協力に感謝し、新年度も、東本町1丁目自治会活動に対し、新役員を中心に、ますますのご支援ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

新旧役員の引き継ぎをよろしく

 各区では、既に新役員が決まりましたが、新年度に入る前に、新旧役員の引き継ぎをよろしくお願いします。
特に回覧による申込書の回収については、例えば、校区運動会への参加申込書などの場合は、会長→区長→組長→家庭に回った後、今度は家庭→組長→区長→会長の順で、最後に会長にお届けいただくことになります。年に何回か、このような申込書をいただくことがありますので、よろしくお願いいたします。

想い出残し、校舎を後に=東小卒業式

 3月17日(土)午前9時から東小学校で、来賓、父兄が出席し、平成23年度の卒業式が行われました。
今年の卒業生は3クラス83人。卒業生は1人1人壇上に上がり、大きな声で両親、先生への感謝、学校生活の思いで、中学進学後の抱負、将来への望みなどを述べた後、渡辺輝彦校長から卒業証書が手渡されました。
その後、卒業生みんなで、東日本大震災の被災地復興の願いを込めた「あすという日が」などの合唱、後輩5年生による先輩への感謝の言葉や合唱などがあり、最後に、来賓、父兄など出席者の拍手に送られ、6年間の想い出が残る校舎を後にしました。


自転車の安全利用を心がけよう

*自転車安全利用の五原則
●自転車は車道が原則、歩道は例外
●車道は左側を通行
●安全ルールを守る
・飲酒運転・並進、二人乗り禁止・ライト点灯・信号遵守と一時停止・安全確認など
●子どもは必ずヘルメットを着用

赤ちゃん誕生祝い「豆まき大会」賑やかに行われる


 当町で、平成22年4月2日から平成23年9月30日までに生まれた赤ちゃんをまち全体でお祝いする「豆まき大会」が、2月4日(土)午前10時より間眠神社広場で行われました。対象になる赤ちゃんと家族6組が参加、みんなに紹介され、祝福を受けた後、さっそく豆まきに移りました。赤ちゃんのお父さん、お母さん3人と自治会長らが踊り舞台に上がって福豆やお菓子などを、「鬼は外」「福は内」の掛け声に合わせてまきました。
 次いで、子供さんにはおまけのお菓子が渡され、みんな大喜びでした。この豆まきを挟んで、しゃぎりの演奏、輪投げ大会、ビンゴゲームなどで盛り上げ、節分には1日遅れでしたが、立春で、春まじかを感じさせる晴天の中、午前11時半にはイベントを終了、みんなで後片付けをして、初めての「豆まき大会」を閉会しました。午前8時から準備をしてくださった区長・副区長など各種役員、子供会、友和会、しゃぎり会のみなさん、大変ご苦労様でした。重ねて、赤ちゃんの健やかな成長を祈念いたします。


町民数は1051人、隣組名簿まとまる

 
先に提出していただいた隣組名簿によると、世帯数は425、家族の人数は1051人になっています。
  また、要支援対象者は 28人で、ほとんどが高齢者となっています。
 要支援者については、三島市の方でも把握に努め、対策を進めていますが、自治会の組織的な態勢は不十分で、今必要 なのは、日頃から、隣組で見守りに努めていただくことです。
 もちろん、万が一の際には、自治会全体で、助け合わなければなりません。

[新しい年を迎えました。皆様おめでとうございます]

豆まき大会(赤ちゃん誕生お祝い)内容決まる
 1月5日(木)三役、子供会長、シャギリ会長、友和会長が協議し、具体的な進め方を決めました。
豆まき大会は、今年町内で生まれた赤ちゃんを、みんなでお祝いすることが主な目的です。当日は豆とお菓子などをまきます。また、シャギリの演奏や、ビンゴ大会、輪投げなど賞品をつけたイベントを行います。また温かいみそ汁のサービスも行います。自治会では、町内のみな様のお越しをお待ちしています。
■豆まき大会の内容
10時より12時まで、おおよそ次の順で進めます。
◆あいさつ ◆シャギリ演奏 ◆輪投げゲーム ◆誕生者へのプレゼント贈呈 ◆豆まき開始(赤ちゃんの保護者・自治会長・子供会会長・シャギリ会会長等) ◆ビンゴゲーム ◆あったかふるまい味噌汁 ◆シャギリ演奏。

合同役員会(三役・シャギリ会・子供会・友和会)で協議
 1月5日(木)19時から開催し、2月4日(土)に行う豆まき大会の具体的な内容、進行などについて協議、概ね了解しました。

定時総会、4月15日(日)に開催
 1月5日(木)に開かれた三役会で、平成24年度定時総会を次の日程で開催することになりました。
日時:平成24年4月15日(日)19時より
場所:東部防災センター2階和室
内容:平成23年度活動報告と平成24年度活動方針、予算案など

間眠神社元旦祭、町内から大勢参加
 1月1日(日)11時過ぎから、新年恒例の間眠神社元旦祭が行われ、町内から16名の役員が出席しました。神事に次ぎ、直会が行われ、1丁目、2丁目、南二日町、大社町の一部、東町の一部のみなさんが懇親、和やかな内に13時前に終わりました。
 
成人式、出初め式挙行=三島市
 1月8日(日)、成人式が市民文化会館大ホールで11時から行われました。今年の成人は1125人、その内約1000人が出席しました。
同日13時から、消防出初め式が、三島市役所駐車場で行われました。市長あいさつ、団員の永年表彰などを行った後、大通りでパレードを行い、かわいい保育園の鼓笛隊を先頭に、最後は、20台以上の消防車が繰り出して、行進しました。
 



[2011年末の各種ご連絡]

■防災センター清掃について
12月25日(日)午前9時から、防災センターの大掃除を行います。日頃、防災センターの利用をしている方など、是非ともご協力をお願いいたします。

■間眠神社元旦祭について
 1月1日(日)午前11時から間眠神社神殿で行います。神事に続き、防災センター2Fで新年会を行います。
今回は東本町1丁目氏子会が受付の当番になっています。自治会三役、区長、副区長のみなさんは、是非とも
ご参加をお願いいたします。

■友和会の新年会について
 1月23日(月)午前11時から、防災センター2Fで、恒例の新年会を行います。当日は、お食事、飲み物、お菓子など出します。また、余興として、舞踊、マジック、カラオケなどで楽しみます。
 友和会会員のみなさまには、こぞってご参加をお願いします。

■1丁目豆まき大会(赤ちゃんお誕生祝い)について
 2月4日(土)午前10時から、間眠神社広場で行います。今年生まれた赤ちゃんを、町内みんなでお祝いすることが主な目的です。当日は豆に加えてお菓子などをまきます。また、シャギリの演奏や、ビンゴ大会、輪投げなど賞品をつけたイベントも計画しています。さらにトン汁のサービスも検討中です。
主催は自治会、共催は子供会、シャギリ会、友和会。お祝い対象のご家庭には、近日中に招待状をお出しします。
町内のみなさまがこぞって参加をして下さるようお願いいたします。
 ☆1月5日の会議で、最終的に決まり次第、ご案内を出します
 
■ゴミ問題
先に配られたエコライフみしまでご覧のとおり、三島市のゴミ処理施設や、埋立地など大変厳しい状況におかれています。そのため、ゴミについては、市民の理解と協力が不可欠です。
★紙類など、ミックス古紙としてまとめて出し、できるだけ燃やさないで資源ゴミとして活かしましょう。
★生ゴミは、できればコンポストなどに入れ、ゴミとして出さないように努力しましょう。
 ゴミで出す場合は、必ず水切りを怠らないよう、ご協力をお願いします。

■東駿河湾環状道路で死亡事故発生
12月7日、東駿河湾環状道路で、歩行中の高齢者がトラックに轢かれ亡くなりました。
★東駿河湾道路は、自動車専用道路です。
歩行者、自転車、125CC以下の自動二輪車、原動機付き自転車、ミニカーは通ることができません。

■三島大社初詣交通規制
★規制時間
平成23年12月31日午後11時30分より
平成24年1月1日午前2時まで


豆まき大会を検討=2月4日(土)午前中

 市内の自治会・町内会は、三島市から提唱された「子供は地域の宝事業」を進めています。この事業は、その年度に生まれた赤ちゃんを地域の宝として祝福し、親子ともども、地域との結びつきを深めることを目的とし、各自治会・町内会は、イベントに乗せて行っています。
 当自治会では、2月4日(土)10時から午前中「1丁目豆まき大会=赤ちゃんお誕生祝い」を子供会、友和会、しゃぎり会の協力を得て行うことにしています。1月5日に正式に決めますが、是非とも、町内のみなさまの参加をお願いします。

■イベント内容
・豆まき(豆と一緒にお菓子などをまきます) ・ビンゴゲーム ・輪投げ ・トン汁をふるまいます(検討中)

隣組名簿作成など要請=第4回役員会

 11月24日(木)19時から20時まで、集会所で、三役、区長、副区長により第4回役員会を開き、下記の議題を審議、それぞれ承認されました。
1、 伊勢神宮、三島大社お札頒布について
2、 隣組名簿作成について
3、 防災訓練の反省について
4、 その他
(1) 子どもは地域の宝事業実施について
(2) 拡大役員会開催について
(3) 間眠神社境内清掃と忘年会開催について

 

青少年の悩みや課題とその関わり方などを講演
=青少年健全育成セミナー開催=

 11月18日(金)15時から、生涯学習センター講義室で開催、青少年健全育成功労者として2名が表彰を受けました。
今回の講演は、和久田雅之静岡産業大非常勤講師が、相談員から見た青少年の悩みや課題とその関わり方についての話でした。講演会終了後、三島駅前で、青少年健全育成員による、青少年声かけ運動のアピールを行いました。


三島市老連東部で、長野へ紅葉見物

 11月11日(金)、三島市老人クラブ東部連合会の日帰りバス旅行があり、長野県箕輪ダム湖の紅葉見物を楽しみました。
 この日、あいにくの雨模様の中、当町友和会6名を含む参加者90名は、早朝、三島大社前をバス2台で出発、富士宮から朝霧、本栖湖経由で山梨中央道に入り、八ヶ岳PAを経て、箕輪ダム湖に到着、見事に色づいた紅葉を堪能しました。昼食後、駒ヶ根の養命酒工場を見学、その後、信州りんご組合でりんごをプレゼントしてもらいみんな大喜びでした。
 バスは、小雨降り止まない中、帰りは中央道から御殿場に出て、19時過ぎ三島に戻りました。


絆を結ぶ、町内防災訓練実施

 本年度の東本町1丁目防災訓練は、晴天の11月13日(日)8時30分、区毎に指定の集合場所へ集まり、区旗を先頭に、小公園に約80名が集結して行われました。今年は、3月11日に東日本大震災が起こり、全国的に防災意識が高まっていますが、その割には、参加者が少なかったことが気がかりです。
8時45分からの開会に当たり、先ず、庄司防災会長が訓練のあらましについて説明、次いで小川自治会長が、災害は先ず自分で自分を守ること、町内防災の基本は絆にあり、防災訓練は絆を深めることが最も重要なことなどを訴えました。
 その後。1区を先頭に東小学校に向かいました。東小グランド到着後、さっそく訓練を開始、バケツリレー、担架での搬送、チエンンソー稼働、消火器噴霧の体験などを行いました。
 最後に、町内正副会長、専任防災委員の紹介を行い、防災訓練は約1時間で計画した総てを終了、参加者には、町内備えの非常食乾パンとペットボトル飲料水を支給、10時過ぎ散会しました。


正しく知って、正しく恐がろう=環境講演会

 11月15日(火)午後、三島市社会福祉会館4階大会議室で「正しく知って、正しく恐がろう、放射線のこと」と題して、原子力研究所の放射線安全研究センター長の吉田和生氏の講演がありました。
 吉田氏は、福島第一原発事故の放射線による影響について、国民の不安は募るばかりだが、放射線は被爆した線量や線量率により異なり、原発事故前からの長期にわたる調査結果から見ても、情報を冷静に分析すれば、一面的には、必要以上に怖がることはなく、要は、正しい知識を持って、正しく怖がることが大切だと述べました。




ミックス古紙(資源ゴミ)で出そう!

 三島市のゴミ埋立地はもうすぐ満杯、焼却設備(焼却炉)も出来てから22年経って老朽化しています。これを補うためには高額なお金(税金)が必要になります。
 そのため、できるだけ焼却するゴミを減らすために、ミックス古紙(新聞紙、雑誌、段ボール、牛乳パック以外のゴミ)として出せる物は、ぜひとも、絵のようにミックス古紙で出して下さい。みなさまのご協力をお願いします。

 

静岡県環境衛生大会に参加

 10月19日(水)に静岡で「静岡県環境衛生大会」が行われ、当町から清水祐二環境美化推進理事が参加しました。
大会は、環境美化功労者に、三島市から3名が表彰された後、大会決議として、持続可能な「循環型社会」の形成を目指し、これまで以上に、廃棄物の減量やリサイクルに努めることを決議しました。また、環境ECO活動の団体として、1、家庭から出るゴミの組成分析調査(志太広域事務組合)2、花王の環境への取り組み~容器包装~(花王株式会社)の2例が紹介されました。
最後に、特別講演として、戦場カメラマン:渡辺 陽一氏が「身近にある大切なもの」と題して講演、自分にとって大切なものは、1に家族 2に仕事 3に趣味であり、20歳の時に「戦場カメラマン」を決意、それから19年間各国の戦地に赴いたこと、話では理解してくれないが、写真では事実を伝えられることなどの話がありました。


友和会が参加、三島市高齢者スポーツ大会行われる

 第39回「三島市高齢者スポーツ大会」が10月19日(水)午前9時30分より、南二日町広場で行われました。
 三島市内50クラブから、60歳以上の方、約1000名が参加、市内を6地区に分けた団体戦3ゲームと、個人戦3ゲームが行われ、当町「友和会」からは、東部地区の一員として17名が参加しました。
 この日は、あいにくの曇天で、初冬を思わせる寒さでしたが、参加者はめげずにがんばり、元気いっぱい競技を行いました。
 友和会から延べ6名が参加した団体競技の優勝は中部地区、東部地区は5位でした。
 個人競技には、友和会から3ゲームに延べ15名が挑戦しましたが、今回は3位までの入賞者は僅かでした。お昼には、みんなで談笑しながら、お弁当やお菓子を食べ、有意義なひと時を過ごして、13時過ぎ終了しました。


総合で、当町7位、東本町2丁目が3連覇=東小校区運動会

  10月9日(日)体育の日に、第46回市民運動会東小学校大会が行われました。
 この日は、秋晴れの運動会日和、同校区8町内から多数の選手、役員が参加、午前9時から団体7、個人9の、合わせて16競技が行われました。
 7種目で競い合った団体競技では、当町チームは、水増しリレーで2位に入り、2年ぶりに団体種目で入賞しましたが、総合では、昨年より1つ上がったものの7位に甘んじました。
 優勝は東本町2丁目が玉入れ、町内対抗リレーなどで1位となるなど、総合力で強みを見せ、3連覇を達成しました。2位は東町、3位に川原ケ谷が入りました。
 しかし、個人種目では、小学生を中心に大いにがんばり、オレンジ色の当町選手が、数多く入賞した姿が見えました。
 早朝から、テント張りなど準備に当たって下さったみなさん、健闘した選手のみなさん、応援に駆け付けてくださった町内のみなさん、大変お疲れ様でした。
 



東小運動会、途中豪雨のため途中で中止、後日残り競技行う


 9月17日(土)東小学校の運動会が行われました。この日は、あいにくの変わり易い天候で、降雨の可能性が多分にあり、開催が危ぶまれましたが、何とか決行することになり、午前8時40分から開会式が行われました。
 渡辺輝彦校長、PTA会長のあいさつがあった後、ラジオ体操に引き続き、赤白に分かれ元気に応援合戦、いざ戦わんと雰囲気が盛りあがったところで、最初は6年生の「GOOD LUCK」という意味難解な変化走から。 30Mほど走ったところでジャンケン、勝った人は、直走し網を潜って一気にゴールへ、負けた人は、ちょっと逆走してUタウンするというハンディのつく競技、やはり、ジャンケンに勝った人の方が明らかに有利に見えました。雨の心配のため、競技は早め早めに進められ、約30分程度早めの昼食休憩中、無情にも大粒の雨が音を立てて降り注ぎ、グランドは水びたしに。これで競技の続行が困難になり、残りの競技は後日行うこととし、この日は中止の止むなきに至りました。残りの競技は、9月26日(月)に行われました。



今年も三島夏まつり盛大に開催!

 8月15日(月)16(火)17日(水)の3日間、天候に恵まれ開催、約51万人が祭りを楽しみました。
当番町の一番町、芝町、中央町、中央町2区が、市内を、山車を引き回し、当町でも、2町の山車の送迎をしました。
 




三島市から敬老金
=75歳以上の方175人に配られる=

 今年も、75歳以上の方に三島市から敬老金が贈られました。
 敬老金は今年9月15日を基準に、満75歳以上の方に5,000円が贈られるもので、当町内では175人の方が受けられました。
 また、喜寿の方10名、米寿の方3名には記念品が贈られました。敬老金や記念品は、各区の区長、副区長がお宅を訪れ、お渡ししました。


敬老大会へ参加しませんか
=9月28日(水)老人福祉センターで開催=

 東部自治会連合会南地区(6町内)が、75歳以上の方を招待して行われる敬老大会が、9月28日(水)午前10時から、三島市老人福祉センターで開催されます。東本町1丁目は午前9時に、三島信用金庫二日町支店前にバスを用意、往き帰りの送迎をいたします。
敬老大会は、豊岡武士市長のあいさつや、模範老人の表彰など式典を行った後、演芸大会を行います。舞踊、マジック、詩吟、民謡、フォークダンス、カラオケなど楽しい催しがあります。また、特別出演として、間眠神社祭典の時も出演し好評を博した江戸芸かっぽれ踊もあります。なお、最後にお楽しみ抽選会を行います。
参加者には、自治会連合会から、お弁当、お菓子、1丁目自治会からお菓子が出ます。大会は概ね午後2時30分に終了し、バスで帰ります。
75歳以上の方で、まだ、申し込まれていない方は、お早めに小川自治会長まで、ご連絡ください。(TEL:971−1702)

秋の全国交通安全運動、9月21日から

 秋の全国交通安全運動が、9月21日から9月30日まで行われます。スローガンは「安全を つなげて広げて 事故ゼロに」で、重点項目は
○夕暮れ時と夜間の走行中、自転車乗用中の交通事故防止、
○総ての座席のシートベルトとチャイドルシートの正しい着用の徹底
○飲酒運転の絶滅、
○早めのライト点灯の励行 、となっています。


2011/間眠神社祭典、盛大に開催
=二日間、天候に恵まれ、町内外の老若男女集う=

 当町が4年ぶりに当番町になった間眠神社祭典は、7月31日(日)、8月1日(月)間眠広場で行われました。
 初日は、新潟豪雨の影響が心配されましたが、幸い雨も降らず、二日目は、晴天に恵まれ、両日とも町内外から大勢の老若男女が参集、イベントや売店の利用などで楽しんでいただきました。
 祭典成功に向け、ご努力いただいた役員のみなさん、寄付金や広告提灯など資金面でご協力いただいた町民の方々に、心から感謝申し上げます。大変有難うございました。
 なお、間眠神社祭典「決算報告書」につきましては、整理が終了次第、回覧にてご報告申し上げます。
 

 


校区スポーツ大会開く

 
6月26日(日)午前9時から、東小のグランドと体育館で、東小校区体育振興会が行うスポーツ大会が開かれました。
 今回は、グランドでグランドゴルフ、体育館ではソフトバレーの2種目が行われ、当町はグランドゴルフでは4チーム中第3位、ソフトバレーは2位に入りました。

市内3か所で街頭宣伝=第61回社会を明るくする運動

 7月1日(金)午後5時から、三島市役所玄関前で集会を開き、豊岡武士市長らのあいさつがあった後、イトーヨーカ堂、広小路駅前、三島駅南口の3ヵ所で街頭宣伝を行いました。
 この運動は、青少年の非行防止と健全育成を主な目的にしているもので、市、教育員会、警察、商工会議所、保護士会、自治会連合会などから委員を出して、日常の活動を進めています。

消火器の新規購入と、古い消火器の引き取り行う=7月防災集会実施

 7月3日(日)午前9時から、奇数月の第1日曜日に行っている防災集会を小公園で行いました。三役、専任防災員、各区区長、副区長、防災委員約20名が集合、通常のチエンソー、可搬ポンプ、発電機の点検を行いました。
 また、伊豆防災に出張してもらい、当町防災会が事前に注文を取った消火器の購入と、古い消火器の無料引き取りをしてもらいました。


みんなで協力、町内いっせい清掃終わる

 6月12日(日)午前9時から10時過ぎまで、約120名の住民が参加し町内いっせい清掃が行われました。
前日の風雨が止み、翌日も降雨が予想される文字通り梅雨の晴れ間の中で、例年通り、西側防災倉庫付近、市役所南側信号からイトーヨーカ堂北東側歩道、間眠神社境内・広場の主に3ヵ所に分かれて草刈り、落ち葉拾い、ゴミ収集などの作業にみんなで精を出しました。
 作業に先立ち、小川自治会長があいさつ。東日本大震災でも、まとまった避難生活を送れた所は、日頃から祭りなどで団結力を養っていた町とのことであり、東海大地震が予測される中、いっせい清掃、防災訓練、運動会、祭りなどでの集まりは、万が一の際に、町内がまとまって行動するための予行演習のようなものだと述べました。
また、今年当番町になっている間眠神社祭典について、住民の方々にご協力をいただき、楽しい祭りにしたいと訴えました。
 せっかくの日曜日、いっせい清掃に参加されたみなさん、大変お疲れさまでした。
 

拡大役員会で具体的な打ち合わせ=間眠神社祭典

 6月5日(日)19時から東部防災センターで、三役、各区全役員、しゃぎり会長、子供会会長らが集まり、5月21日(土)の役員会、同29日(日)の専門部会の決定を踏まえ、間眠神社祭典の詳細についてさらに具体的な話し合いをしました。
 その中で、特別寄付金について要請状を事前に回覧し、各家にご協力をお願いすることを決め、各区長、副区長は、7月2日まで各戸を訪問の上、特別寄付金、広告提灯について取りまとめて頂くことになりました。また、区毎の分担金についても7月2日まで納入していただくことになりました。
 検討事項になっていました子供相撲については、今回は取り止め、他の子供向けのイベントを取り入れることにしました。また、飲食類の販売については、前向きな意見が出て、今後、販売の種類、担当者など具体的に決めていくことにしました。
 会議の後半は、担当する役割について、各区別グループに分かれ、区長を中心に話し合っていただき、一定の結論を得て9時前に終了しました。

間眠神社祭典の詳細検討

 5月29日(日)19時から集会所で、専門部会として、体育部長、しゃぎり会長、子供会会長、青少年健全育成会長、体育振興会副会長、専任防災委員が集まり、5月21日(土)役員会の決定を踏まえ、間眠神社祭典の詳細について検討しました。
その中で、山車の据え置き、舞台作り等の準備は7月24日(日)午前から行いたいこと。大人しゃぎりは8月1日(月)の夜間まで演奏計画を立てているため、祭典行事は実質的に丸2日に亘り行うことになり、イベントの追加が必要になること。子供相撲は他のイベントに変えたいこと。飲食物の販売を検討すること。などの意見が出ました。これらについては、6月5日に開く拡大役員会で、再度検討することになりました。


間眠神社祭典計画、日赤社費加入促進など諮る

 今年度第1回役員会が、5月21日(土)19時から自治会集会所で三役と全区の区長、副区長が出席して行われました。
 議題は次のとおりです。
① 日赤社費加入促進について
今年は、東日本大震災があり、日赤の役割は今までに増して重要です。各区で区長、副区長、隣組長の協力のもとに、1口500円の社費に、可能な限り全戸で加入していただくよう、6月24日までお願いすることになりました。
② 間眠神社祭典について
本年は4年ぶりに東本町1丁目が当番町に当たります。7月31日(日)、8月1日(月)にかけて、町内上げて祭りを盛り上げるため、イベント、各区の役割、祭りまでの日程等について、役員会として承認、今後、広く各段階の会議にかけていくことになりました。当面の日程としては、5月29日(日)専門部会、6月5日(日)拡大役員会で相談することになりました。
③ 訃報の回覧、集会所の使用、コピー機の操作について
訃報の回覧については、区長が集会所にあるコピー機で、所定の用紙に組数(51部)分を印刷、直ちに各区(6区)の区長に配布し、それぞれの区長は、組長に渡し、組長は至急回覧することを改めて確認しました。
また、集会所の使用については、「東本町1丁目自治会集会所規定」によって、大いに使用していただくことになりました。なお、使用後の清掃、片づけなどは怠らないようお願いします。


5月定例防災集会=新役員が集合

 5月8日(日)午前9時から、新年度に入って最初の防災集会が小公園で初夏を感じる日差しの中で行われました。庄司順吉防災会長のあいさつと説明、小川正三自治会長のあいさつがあった後、消火器設置の点検を兼ね、全員で町内を一周しました。小公園に戻ってから、チエンソー、可搬ポンプ、発電機を稼働させ、異常のないことを確かめ、午前10時過ぎ散会しました。
 防災集会は、機器の点検と役員同士の意思疎通を図ることを目的に奇数月の第一日曜日に行うことになっています。
 


三島市自治会連合会総会終わる


 平成23年度三島市自治会連合会総会が4月26日(火)午後1時30分から、川原ケ谷の「リオ」で行われ、市内137の内125の自治会・町内会会長が出席、当自治会からは小川正三会長が出席しました。総会は、長谷川清成会長の挨拶があった後、自治会連合会の永年役員表彰、三島市地区委員の委嘱状交付、三島地区委員の永年者へ感謝状贈呈がありました。次いで豊岡武士市長、佐藤晴市議会議長、杉本辰巳三島警察署長から来賓祝辞がありました。
次いで、平成22年度事業報告、同収支決算報告、平成22年度交通事故撲滅市民の会の事業報告、同収支決算報告、夏まつり収支決算報告が提案され、若干の質問を経て、総て承認されました。
続いて平成23年度三島市自治会連合会の役員紹介があり、平成23年後事業計画、同予算案、平成23年度交通事故撲滅市民会議事業方針、同予算案、平成23年度夏まつり予算案が上程され、質疑を経てすべて承認されました。
総会後、各団体及び市の各課から依頼事項の説明があり、午後4時30分終了しました。
平成23年度三島市自治会連合会役員
会長  長谷川清成(光ケ丘1丁目町内会長)
副会長・事務局長 池田貞夫(錦田地区自治会連合会長・三恵台自治会長)
副会長 鈴木 忠(西部地区自治会連合会長・泉町自治会長)
:   渡邉了功(中部地区自治会連合会長・中央町自治会長)
:   小川正三(東部地区自治会連合会長・東本町1丁目自治会長)
:   山下聖秋(北上地区自治会連合会長・パサディナ自治会長)
:   吉田 功(中郷地区自治会連合会長・見晴台自治会長)

災害に備え、自治会の結束を
=平成23年度定時総会終わる=

 平成23年度東本町1丁目定時総会が、4月16日(土)午後7時から東部防災センター2階で各区の新旧役員らが出席して行われ、平成22年度活動報告、同決算報告、監査報告、役員改選、平成23年度活動方針案、同予算案をそれぞれ満場一致拍手で承認、最後に、全役員の紹介を行って、午後8時30分終了しました。
出席された方々大変お疲れさまでした。新役員の皆さまには、1年間よろしくお願いいたします。また、町内の皆さまにはいろいろな面でご協力をお願いします。
<平成23年度特に推進したい活動>
(1)間眠神社祭典に向け、当番町としての対応
(2)災害時対策の見直しと、日常の要支援者の支援体制づくり。
(3)友和会(中高齢者クラブ)の会員拡大
<役員>
会 長  小川正三
副会長   庄司順吉(自主防災会長)
同     溝口忠孝(防災・体育担当)
同     米山良博(会計担当)
同     高野忠久(総務担当)
相談役   水越 守
監査委員  上田伊兵衛、杉山大一朗 (以上任期は平成23年度まで)
※全役員については、定時総会議案書裏面の役員一覧表をご覧ください。
 
(自治会定時総会に出席した皆さん)

おめでとう!僕たち、私たち、東小の1年生に
=4月6日、東小入学式行われる=

 平成23年度の三島市立東小学校入学式が4月6日(水)行われました。今年度の1年生は男子33名、女子28名の合計61名。午前9時30分、1組31名、2組30名が担任の先生誘導のもと、来賓、父兄、先生らの拍手に迎えられて元気に入場しました。
入学式は、渡辺輝彦校長のお話、来賓代表として豊岡武士市長、平井浩一PTA会長のお祝いの言葉があり、その後、教科書、入学記念品の贈呈などがありました。次いで、1年生担任の紹介と寸劇、2年生のお迎への催しなどがあり、華やかな内に午前10時30分に1年生が拍手に送られ退場し、入学式を終えました。

  
(元気に勢ぞろいの新1年生)             (1年生を劇で迎える2年生)

計画停電一先ず中止

 東電の計画停電が中止になりほっとしている方が多いと思います。しかし、何時再開するか分かりません。
その時に備えて、懐中電灯、携帯ラジオ、電池などの必要品を備えるとともに、続けて節電に努めましょう。

計画停電:第2グループのEに

 東電は、3月26日から計画停電の5グループをさらに細分化し、25グループに分けました。東本町1丁目は今までの第2グループから第2グループEになりました。停電の時間帯は今までどおり、5段階に分けられ、輪番になっています。東電では、午前中の停電は、前日夜まで、午後の停電は、当日午前中か、停電間際の2時間前まで知らせるとしています。テレビ、ラジオ、広報放送、新聞などで情報をつかみましょう。 今までどおり、町内の助け合いを強め、特に高齢者の方については、区、組などで、必要な場合のお世話をしていただくようよろしくお願いたします。
<防災ラジオは4カ月後に再発売>
 三島市の防災ラジオは、この度の東北関東大震災や東電の計画停電等のためか、申し込みが殺到、品切れとなっています。次の発売は4カ月後になるとのことです。購入希望者は、4カ月後近くなったなら、早めに三島市防災課へ連絡し、申し込んでください。
<義援金の取り扱いと支援物資
 東北関東大震災の義援金については、三島市の場合は、次のところに募金箱を置いてあります。志のある方は、お手数ですが、ご希望の場所で義援金をお願いします。
■募金箱の置いてある所:三島市役所、生涯学習センター、北上、中郷、錦田、坂各公民館、社会福祉会館
■取り扱い機関:郵便局、各金融機関、NHK、静岡新聞、SBS等報道機関他 なお、支援物資については、静岡県は、岩手県に送ることにしています。現在、岩手県と打ち合わせ中とのことですが、いずれ静岡県から三島市へ協力の要請があるとのことです。また、何らかの形で、知らせがあると思いますので、その際はご協力をお願いします。なお、支援物資は新品に限るとのことです。

新しい巣立ち=東小卒業式

 3月18日(金)午前9時から東小学校で、来賓、父兄が出席し、平成22年度の卒業式が行われました。 今年の卒業生は2クラス74人。卒業生は1人1人壇上に上がり、大きな声で両親、先生への感謝、学校生活の思いで、中学進学後の抱負、将来への望みなどを述べた後、西島正晴校長から卒業証書が手渡されました。 その後、卒業生みんなで、希望に満ちた合唱や、後輩の5年生による先輩への感謝の言葉や演奏などに送られ、6年 間の想い出が残る校舎を後にしました。


集金詐欺にご用心!

 最近、この付近でお年寄りの方が、自治会役員を名乗る男から、自治会費を集金に来たと言われ、お金を取られるという事件が起こりました。  自治会では、組長さん以外に自治会費を集金することは絶対にありません。 顔見知りの組長さん以外の者には絶対にお金を渡さないよう気をつけて下さい。 その他、まだまだオレオレ詐欺が後を絶たないようですので、絶対、家族の人に確認しないでお金を渡すようなことが無いよう注意しましょう。

東電の計画停電行われる
=東北関東大震災による原発損傷による=


 富士宮を震源とする震度4(富士宮6,3)の地震がありました。全戸で事故は無かったと思いますが、お見舞い申し上げます。
さて、東北関東大地震による電力不足のため、14日から実施中の計画停電が当町でも行われました。
東電は、地域を5ブロックに分けてブロックごとに時間帯を決めて停電を行っています(詳しいグループ分けは先日配布されました東電と三島市連盟の区分け表をご参照ください)。
自治会自主防災会では、計画停電実施を前に、14日、特に高齢者宅など約40件を自治会三役と民生委員が回り、計画停電への対処について話をしました。また、14日、15日には、三役、専任防災員、民生委員が18時に集合、14日は、回避されたため打ち合わせだけ行いましたが、昨日15日には、集会所に発電機を備え、20時前まで照明を行い、合わせて、役員が分散し町内を一巡、状況の把握に努めました。
計画停電は、今後も時間帯を変えながらグループ毎に続けられる模様です。何時まで行われるか分かりませんが、日本の非常時と捉え、出きる限り協力していかなければなりません。この機に、町内の助け合いを強め、特に高齢者の方については、区、組などで、必要な場合のお世話をよろしくお願いたします。
「計画停電」について
1、 停電時間帯は毎日変わります。実施の有無、実施の時間など、当日のテレビ、ラジオ、防災ラジオ 東電HP 三島市広報等の情報で確かめましょう。
2、 停電に対する準備は怠りなく。特に夜間の停電には十分注意しましょう。
3、 夜間は、火災、盗難、怪我などの恐れがあります。隣組などでお互いに注意し合いましょう。
4、 停電、防災等に備え、懐中電気、携帯ラジオなど必要な物を準備しましょう。
 
「ここ数日の計画停電の予定」
3月18日から3月25日までの東京電力の予定表をPDFで添付しておきます。ご参照ください。
また、今までの動きを見ると、予定が大きく変わることがありますので、ご注意ください。
東京電力「計画停電予定表」ダウンロード

ウォークラリー大会行われる

 2月27日(日)、東部自治会連合会による「青少年育成ウォークラリー大会」が行われ、当町内の4組8人を含む、75組約200人が参加しました。
 発着場所の岩崎公園で開会式などを行った後、午前9時30分、各組毎、ゼッケン番号順に偶数、奇数で左右に分かれ出発、光が丘団地、富士見台、龍沢寺、富士ビレッジなど約6Kのコースを途中10問のクイズや、輪投げ、ダーツなどのゲームを織り交ぜながらゆっくり歩きました。そして、全組が無事にゴール、予定の所要時間2時間15分を基準に、ゴールした時間、クイズ、ゲームの成績を点数化、点数の高い順に順位がつけられました。
おにぎりとトン汁で昼食を済ませた後、閉会式が行われ、成績順に賞品が渡されました。やや曇り空の中で行われた大会は、
盛会裏に午後1時頃終了しました。



市へ登録の保健委員、環境美化委員は輪番制に
定時総会は4月16日(土)開催=第5回役員会=

 第5回役員会が2月6日(日)午後6時から自治会集会所で、三役、区長、副区長が出席して行われました。決定事項は次の通りです。
(1) 平成23年度役員名簿を2月28日まで提出する。
(2) 三島市から依頼されている保健委員2名は、各区から1名ずつ選出、任期は2年とし、下記の順番とする。
平成23,24年→1,2区 平成25,26年→3,4区 平成27,28年→5,6区 以降順次繰り返す。
(3) 環境美化推進委員については、各区1名を選出、市役所への登録は下記の順番とする
平成23年→1,2,3区(市役所へ登録) 4,5,6区からも1名ずつ出す
    平成24年→4,5,6区(市役所へ登録) 1,2,3区からも1名ずつ出す 以降順次繰り返す。
(4) 間眠神社祭典イベントについて
7月31日は1日中、8月1日は概ね午後3時30分までとする。
4月に入って新役員で祭典実行委員会(仮称)を設置し協議する。
(5) 定時総会について
4月16日(土)防災センターで開催する。
(6) ご苦労さん会について
4月10日(日)午後6時より「リオ」で行う。会費1,000円。


間眠神社「初午」に布と紙の幟旗約70本を奉納

 2月8日(火)間眠神社氏子会の世話で、恒例の初午が行われました。社周辺に、氏子の有志が奉納した布の幟旗とともに、早朝から、間眠神社管内の方たちが20本ほどの紙の幟旗を立てました。初午は、本来、商売繁盛を願って、幟旗を立てるのが一般的のようですが、最近は、子どもや孫の名前を書くものが多く、子どもたちの将来への安寧を願う形に変わっている様子です。幟旗を持参した方には、氏子会からお菓子がプレゼントされました。



自主防災、1月定例集会行う

 1月16日(日)午前9時から自主防災定例集会を東本町1丁目自治会集会所と小公園防災倉庫前で行いました。自治会三役、区長、副区長、専任防災委員、各区防災員など20名以上が参加、集会所では、庄司順吉防災会長が、自主防災訓練の報告、防災機器の購入及び整備保管状況、自家消火器の装備、入れ替えなどの啓蒙などについて話しました。
 次いで、小公園に移動し、発電機、チェンソーなどの点検を行い、10時前解散しました。



間眠神社元旦祭行われる

 1月1日(土)午前11時から、新年恒例の間眠神社元旦祭が行われました。当町の役員を含め5町内の氏子会役員、来賓らが出席、三島大社鳥居宮司が厳かに催事を取り仕切り、それぞれの役員が神前に榊を捧げて町内、各家庭の1年間の無事を祈念しました。その後、出席者は防災センターに移り、和やかに直会を行い、正午過ぎ散会しました。
 今年の元旦祭は当町が当番に当たり、三役、区長、副区長ら当町の氏子会役員が、受付、直会準備、片付けなどに携わりました。大変ご苦労様でした。

新年明けましておめでとうございます。

 昨年は自治会活動にご理解ご協力をいただき有難うございました。本年も何かとよろしくお願い申し上げます。
 さて、平成22年度も残り3カ月となり、役員変更の時期になりました。それぞれの役割につき、新役員の選出にご準備をお願いいたします。
 12月22日に行った役員会では、保健委員、環境美化推進委員など専門委員の選出ルールについて検討いただくよう提案いたしましたが、是非とも各区で協議をいただきたくお願いいたします。

 

間眠神社清掃と氏子会忘年会行われる

 12月19日(日)午前9時前から、好天の中神社社殿、稲荷祠、公園等の大掃除を氏子会役員総出で行いました。掃除はそれぞれ順調に進み、最後に鳥居の大しめ縄に正月飾りが取り付けられ、すっかり、新年を迎える準備が整いました。
 大掃除の後、東部防災センター2階和室で、本年を締めくくる恒例の忘年会が行われ、和気あいあいの内、正午前散会しました。



交通事故に会わない、起こさない=年末交通安全運動実施中

 年末交通安全週間は、12月15日から31日となっていますが、初日の15日午前7時30分、三島市役所駐車場に関係者が集まり、年末の交通安全について、地域や職場で努力することを誓い合いました。
 今年のスローガンは『安全は 自ら うちから 地域から』となっていて、特に年末は飲酒の機会が多くあるため、飲酒運転の撲滅をはかることや、高齢者や子供の交通事故を絶対起こさないようみんなで注意することにしました。
 当町から田村交通安全会代表と小川自治会長が参加、集会後、市役所前の公道で数種類の幟旗を掲げ、ドライバーに交通安全を訴え、午前8時に散会しました。
 年末までの、予定はつぎの通り
・12月15日(水) 初日街頭指導・広報の日
・12月17日(金) 飲酒運転根絶推進の日
・12月20日(月) 夕暮れから夜間の交通事故ゼロを目指す日




自治会集会所、正式借用へ=第3回役員会

 第3回役員会が、11月25日(木)午後7時から8時過ぎまで、自治会集会所で自治会三役、全区区長、副区長が出席して行われ、次の議題について承認されました。
(1) 伊勢神宮、三島大社のお札頒布について
間眠神社氏子会から委託された恒例のお札頒布について、当町割り当て分それぞれ60枚を、各区に割り当て、12月10日まで区長、副区長によって各戸に購入をお願いすることになりました。伊勢、大社それぞれ1枚800円です。本年もよろしくお願いいたします。
(2) 間眠神社祭典当番町の日程について
 来年、平成23年は当町が3年に1度の間眠神社祭典当番町(夏まつり当番町の年は行わない)に当たり、実施日は7月31日(日)、8月1日(月)になります。当町としては両日に掛けてイベントなどを行うこととしますが、8月1日は、午後3時終了を目途にすることについて、基本的に了承し、再度、来年度新役員会及びシャギリ会等関係者と協議し、正式に決定することになりました。
(3) 自治会集会所の正式な借用について
 5月24日の第1回役員会で、旧米山薬局店舗部分を、自治会集会所として使用することについては、基本的に承認され、来年度からの本格的な借用については、使用状況などを見極めて、決定することになっていました。
 これまでの使用状況は、月例の三役会、役員会、友和会、シャギリ会など合計32回となっており、加えて、自治会本拠としての必要性、事務所的な位置づけ、自治会関係備品の管理など使用価値は充分あるものと考え、既に承認されている運営費用と合わせて、建物賃貸料を加えた必要経費については、繰越金の援用を含め、来年度予算に組み入れることについて承認されました。
(4) その他
 自治会からの香典について意見があり、結論として、現状は、区によって区長か組長に託していますが、今後も、それぞれの区ごとに慣例通り取り扱っていただくこととし、自治会会計には、挨拶状がある場合、それを届けていただくことで了承されました。



町内防災訓練に約100名が参加

 本年度の東本町1丁目防災訓練は、曇天の11月14日(日)8時30分、区毎に集合場所へ集まり、区旗を先頭に、小公園に約100名が集結して行われました。8時45分から開会に当たり小川自治会長があいさつ、防災訓練は、いつ起こるか分からないあらゆる災害への備えを認識し、町内自主防災会の団結を確認することが主たる目的だと訴えました。次いで庄司防災会長が訓練のあらましについて説明、直ちに、1区を先頭に東小学校に向かいました。
 東小グランド到着後、さっそく訓練を開始、、先ずバケツリレーから始め、次いで三島消防署で用意してくれたスモッグ用テント潜り、チエンンソー、消火器噴霧の体験、担架による搬送の実演などを行いました。
 最後に、庄司防災会長が、東海地震などの大災害時には、当市への救援等は遅れがちになりそうなので、各家庭では、数日分の食糧、飲料水の準備、簡易トイレなど災害時に必要な物品、設備の用意が不可欠になると話し、また、自治会では、折を見て、防災に関する講習会も計画したいと語りました。
 防災訓練は約1時間程度で計画した総てを終了、参加者には、町内備えの非常食乾パンを支給するとともに、希望者には家具転倒防止の留め金を分けることとし、10時過ぎ散会しました。




一度でも人生狂わす魔の薬=県薬物乱用防止県民大会

 11月6日(土)13時30分から三島市民文化会館で自治会会長、保護士、民生委員ら約900人が参加して行われました。この大会は覚せい剤や大麻、MDMAなどいったん使用すれば、自分の意思ではやめることができなくなるばかりか、心も体もボロボロになり、自分だけではなく、家族や周囲の人たちの人生まで台無にしてしまうことを直視し、みんなの力で使用をなくすために、毎年県内で開かれています。
 今回は三島で開かれましたが、今まで県内で、薬物防止運動に寄与した方々の表彰や、薬物防止呼びかけのポスター、標語コンテストで入賞した中学、高校生の表彰、アトラクションとして日大三島高校吹奏楽部による演奏などが行われたあと、自らも弟と共に薬物使用で、人生を失いかけた俳優内谷正文さんの一人芝居と体験談があり、最後に三島市立山田中学代表による大会宣言が採択され16時20分閉会となりました。



友和会のみなさんも参加し、三島市高齢者スポーツ大会行われる

 第38回「三島市高齢者スポーツ大会」が10月20日(水)午前9時30分より、南二日町広場で行われました。

 三島市内50クラブから、60歳以上の方、約700名が参加、市内を6地区に分けた団体戦3ゲームと、個人戦3ゲームが行われ、当町「友和会」からは、東部地区の一員として16名が参加しました。

 朝から小雨がぱらつくあいにくの天候のため、競技も早めの進行でしたが、参加者はそれにもめげず、中には転倒する人もでるほど、年を感じさせないハッスルプレーを展開しました。

 その中で、友和会も入った東部地区が、団体戦3種目中、玉入れで1位、ボーリングゲーム5位、水の祭典で2位に入り、総合2位と健闘しました。

 また、個人戦でも、友和会のみなさんの大方が、ジャンケン競争、ホールインワン、お玉でゴー!に出場し、精いっぱい頑張りました。お昼には、みんなで談笑しながら、お弁当やお菓子を食べ、有意義なひと時を過ごして、予定より早めの午後12時30分に終了しました。



悔しい8位、東本町2丁目が連覇=東小校区運動会

 雨のため1日遅れた10月11日(月)体育の日に、第45回市民運動会東小学校大会が行われました。
 この日は前日と打って変わった秋晴れになり、同校区8町内から多数の選手、役員が参加、午前9時から団体7、個人9の合わせて16競技が行われました。
 7種目で競い合った団体競技では、当町チームは、子供、大人と力を合わせて懸命に頑張りましたが、結果的に全種目で3位に入れず、昨年2個あった競技別のトロフィーを逃し、総合で昨年より2つ下がって最下位の8位に甘んじました。
 優勝は東本町2丁目が6種目で1位となり、総合点で他を圧倒、2連覇を成し遂げました。2位に大社町、3位に川原ケ谷が入りました。当町では、同日夜に行った反省会で、来年1つでも順位を上げようとリベンジを誓いあいました。
 今年の市民運動会は、予定した10日に大雨が降り、1日延びた11日の体育の日に行いましたが、やはり、選手、役員とも参加者が、当初の予定をかなり下回ったものの、心配したグランドコンジェションも悪くなく、参加者のみなさんは秋の1日を楽しみました。来年はもっと多くの選手、役員の参加を期待します。

 


間眠神社境内の枝打ち、草取り作業行う

 10月17日(日)午前8時30分から、間眠神社境内の枝打ち、草取り作業に約40人の氏子役員が参加、境内の大きなもちの木などの枝打ち作業を行いました。背の低い木は手作業で枝の剪定をした他、高い木の枝打ちは、高所作業車も動員して伸びた枝を切り、草取り機で除草をするなどみんなで作業に精をだしました。作業は11時前に終わり、その後、広場にござなどを引いて、食事をとりながら懇親しました。




子どもを虐待から守ろう!
 =「児童虐待防止講演会」開かれる=
 三島市主催の「児童虐待防止」講演会が8月27日(金)午後1時30分から3時まで、三島市民文化会館小ホールで開かれました。自治会役員、保護士、民生委員など約300名が参加、当町から小川自治会長、田村、溝口副会長、民生委員の望月さんらが出席しました。

講師は、児童問題の専門家こども情報研修センターの川崎ニ三彦氏(京大卒)で、最近、急増している児童虐待の実態、虐待している親の分析、虐待の動機などについて、時折、出席者にも考えさせながら、児童虐待はいち早く現状を掴むこと、市役所、警察などに早く知らせること、できれば地域などでカバーする体制を作ることなどについて簡明に話しました。

幼い命を助けるために当町内でも、お住まい周辺に、児童虐待の事実や疑いなどがありましたなら、市役所や自治会へいち早く知らせましょう。


 



「間眠公園」都市計画法公園解除の説明会行わる

 「間眠公園」を都市計画法公園から外し、氏子会へ返還、代わりに測候所公園を都市計画法に基づく公園にするための説明会が8月26日(土)午後7時から東部防災センターで行われました。

 当町からも自治会役員らが出席、三島市建設部、水と緑の課による説明を聞きました。先に東本町1、2丁目、南二日町の3自治会でも要望したとおり、「間眠公園」を都市計画法上の公園から外しても、ブランコ、鉄棒、すべり台、ベンチなどは引き続き三島市で管理補修することが約束され、今までと同じように使用することができるため、出席者から特に反対意見はなく、市では、意見を述べる方は書面を提出してもらい、後日の公聴会で意見陳述し、その申し出が無い場合は、公聴会は行わないことになるとの説明がありました。


「自治会の防災力について=大地震は必ずやってくる」

 会長研修会で、重川希志依(じげかわ・きしえ)教授が講演
 三島市自治会連合会による全市の自治会・町内会会長研修会が7月26日(月)15時から16時45分まで、富士常葉大学院の重川希志依教授を招き行われました。
 重川教授は、先ず、昨年8月11日に静岡県一帯で発生したM6の駿河湾地震につき、静岡県の調査を参考に237名のけが人の内容について、女性が男性より多いこと、70歳台が多かったことなどを説明し、地震発生の際は、動かない方が、けがが少ないと分析しました。
 次いで、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震について、小千谷市内の高校生が地震発生1年後に「地震発生から一応の生活が落ち着くまでの様々な経験」を綴った作文から、何を学ぶかを作文の紹介をしながら説明しました。
 その中で、大震災に乗り越えなければならない3つのハードルとして
(1)いのちをまもる対応(72時間)(2)生活をまもる対応(数か月)(3)くらしを再建する対応(数年?10年)に分析されると述べました。
 しかし、大地震が発生した場合、個人の対応だけでは限界であり、国、地方自治体、ボランティアなどの協力が不可欠だが、なんといっても地域コミュニティの中心になっている自治会、町内会による支援活動が最も重要であると語り、自主防災組織の日頃の活動や住民の参加が重要であると説きました。特に重川教授は、日頃、自主防災活動に自ら参加を拒む人に対しては、災害発生の緊急時には、ほっておいても仕方がないと強調しました。
 ◇この研修会から、改めて感じ、みなさんに訴えたいこと。
 ◆日頃の備えが、万が一の時自身のいのちを守り、ケガから救います。東海地震は近い将来必ずやってきます。 全家庭が、耐震、家具の固定化、硬い備品の管理、逃げ出す場所の確保、水、食料品の備蓄、防災道具の備えなどをお願いします。
 ◆大災害時には、市役所、消防、警察等の援助は無理です。やはり自分たち自身で助け合い、行動するしか道はありません。その中心が自治会、自主防災会です。
◆万が一の助け合いのため、自治会活動や防災活動に参加してください。これらを無視する家庭は、万が一の際、自治会、防災会などからの援助は期待できません。

宝くじ助成金でシャギリ用具など調達

 当自治会では、シャギリ会と協力して、三島市を通じ、平成22年度(財)自治総合センター 一般コミュニティ助成事業(通称宝くじ助成事業)に応募、めでたく自治総合センターの承認をいただき総額250万円の助成金を受け、シャギリ用具の長胴太鼓など9種類91、大八丸提灯2、山車前ぶら提灯40、祭りはんてん40を購入、この度納品を済ませました。
 昨年の三島夏まつり当番町が大社社頭「据置山車」を担当することになっていますが、当町は初日の15日午前から午後4時までを担当、シャギリ会のみなさんは、さっそく大太鼓、小太鼓など新しい用具を使い目下練習に励んでいます。
 大社社頭では、新規調達したシャギリ用具や前ぶら提灯などがお目見え、張り切ってシャギリの演奏が行われることでしょう。

 

自治会集会所をご利用ください!

 当町の自治会集会所が、旧米山薬局店舗を借用し6月1日(火)からオープンします。面積は約12坪、20人程度の会議や、自治会関連事務、相談などに使用、会議のない日や時間によっては、個人の囲碁、将棋などの趣味にも使用できます。
 自治会集会所は、近隣自治会では所有している所も多く、当自治会でも数年前から設置の是非を検討してきましたが、適当地が見つからず、この度米山さんの好意で、当面同所を無料で借用させていただきました。先の5月24日(月)の役員会で承認され、今年度を試用期間とし、使用状況、必要性などを見極め、来年度以降の継続借用を検討します。
1、 使用日時:夏祭り、正月3が日を除く毎日、9時?21時まで
2、 対象 者:町内の団体、個人(使用内容によっては利用できない場合もあります)
3、 使用方法:久保田副会長に口頭で申し込み、鍵を貰ってください。久保田さん不在の場合は、溝口副会長が代行します。
4、 禁止事項:禁煙、カラオケ等騒音になるもの 近所に迷惑を掛けないこと
5、 使用については「東本町1丁目自治会集会所規定」の遵守をお願いします。





back

東本町1丁目のホームページが、三島市ポータルサイトに登録されました。

現在、三島市ポータルサイトには136団体が登録されていますが、この内ホームページをリンクしている団体は42団体です。三島市で活躍する他の団体のホームページも大変参考になります。ぜひともご覧ください。
「三島市ポータルサイトアクセス」
http://service.city.mishima.shizuoka.jp/mportal/groupHP/dantaiHP.asp

ホームページアドレスの紹介と、「自治会だより」発行について
  自治会ホームページの本格稼働のため、アドレスを町内のみなさまにお知らせすることにしました。具体的には、新に回覧形式の「自治会だより」を発行、第1号にホームページアドレスを紹介することにしました。
  なお、「自治会だより」はホームページ掲載事項やお知らせなどを中心に掲載することとし、適宜に発行することになりました。いずれは、町内のみなさまのご意見なども紹介するようにしたいと思います。


自治会ホームページが携帯サイトに登場!
バーコードを携帯で読み取れば、いつでもどこでも携帯電話で確認できる。お出掛け先やお仕事先でも簡単にアクセス。


「花と緑を守り、育てませんか」
花街道花壇ボランティアを募集しています!
市道谷田幸原線の花街道花壇は、中学校や自治会、各種団体などのみなさんがボランティアで手入れをしています。一緒にこの活動に参加しませんか。
お申し込み、お問い合せは市の「水と緑の課」まで(983-2642)


■9月、10月の主な活動/行事
敬老大会(9/19) 当町内では16名参加。会食会、演芸大会、くじ引き大会で盛上りました。
カエルキャラバン(子供防災訓練)(9/21) 東小PTAによる新企画のイベント。小学生多数参加し、楽しみながら防災を学びました
バザー(ボーイスカウト)、子供シャギリ(9/23) 言成小公園:例年恒例行事です。 ご参加多謝!
きずなトーク(10/7) 東小区の各グループ代表による市長を交えた交流会。
 「子供の健全育成と高齢者が安心できる地域づくり」のテーマで意見交換されました。
健康相談会(10/11) 地区保健委員(3区武藤節子氏,4区鈴木静代氏)により健康保険センターにて開催。
 血圧、体脂肪測定、新機材による骨密度測定の他、医師から心の健康、糖尿病のお話。参加者53名(南二日町、東1、東2地区から)
間眠神社清掃(10/19)友和会主中心に毎月第三土曜9:00から行っています。
輪投げ大会(10/24)三島市体育館。67チームが参加。当町チーム(友和会5名)は15位ぐらいでした。
カラオケ大会(10/25)東部防災センター 友和会行事として声上げて健康的に楽しみました。

■11-12月の主な予定
11/17 町内防災訓練  詳細回覧  
12/8 親子宝探しゲーム(楽寿園) 
    町内から3チーム参加予定
2/2  豆まき大会  
(その他:12月 大麻(札)配布 各区長)

■その他の9-10月主な活動/行事予定

(1) ボーイスカウト(バザー) 
9/23 11-15時 間眠神社にて 
掘出し物もいっぱい! 焼きそば、炊込みご飯、フランクフルト、ポップコーン 
8/1 間眠神社例大祭 
8/4 東町納涼祭
8/15-17 三島夏祭り
(2) 保健委員活動 
10/11 10:00-11:00 三島市立保健センターにて
◎骨密度測定、こころの健康、糖尿病 について講話
11/9  14:00-17:00 三島市民文化会館小ホール
◎医師会医師による 心臓病の話
(3)育委員の活動
10/13 地区運動会 精力的に準備中です

■7-8月主な活動/行事

(1) 祭典関係 
7/27 間眠神社祭典 
8/1 間眠神社例大祭 
8/4 東町納涼祭
8/15-17 三島夏祭り
(2) 敬老大会(9/19)の準備 
敬老金の配布、参加者募集


■「友和会情報」

会員増える
 平成25年度友和会の会員は36名です。10名の方が新たに加入していただきましたが、亡くなった方など退会者が4名いましたので実質6名の増員となりました。

総会盛大に行われる
 4月15日(月)午前11時から東部防災センター2階和室で、新会員を含め24名の会員が出席して行われ、平成25年度の活動方針などを決めました。総会に引き続き、懇親会を行い、弁当、菓子、酒、ビールなどを食べたり、飲んだりしながら、会員による舞踊、マジック、カラオケなどの余興を交えて楽しいひと時を過ごし、14時に閉会しました。

間眠神社清掃とグランドゴルフの練習
 これまで、4月20日(第3土曜日)、5月18日(同)、6月15日(同)午前9時から間眠神社の清掃を行いました。
清掃が終わった後、有志でグランドゴルフの練習を行いました。

グランドゴルフ大会に出場
 6月6日(木)午前9時から南二日町広場で、三島市老連主催のグランドゴルフ大会が行われました。参加者は100名を超えましたが、当会からは3名の会員が参加しそれぞれで健闘しました。

熱唱と合唱、楽しんでいるカラオケ練習
 4月24日(水)、5月22日(水)、6月19日(水)東部防災センター2階和室で午前9時~11時30分頃まで行いました。毎回、東本町2丁目の方も入れて12名~15名が参加、懐かしい曲を中心に熱唱、みんなで一緒に歌う時間も設けて声を合わせて歌っています。声を出すことは健康のために良いと言われています。みなさんも参加しませんか。

芸能祭を観覧
 6月26日(水)午前10時から、三島市老連主催の芸能祭が三島市民文化会館大ホールで行われました。当会からの出演者はありませんでしたが、会員7名が観覧、舞踊、詩吟、歌謡曲など高齢者の年季の入った演芸を楽しみました。

三島市老連・婦人部の1泊旅行に補助金
 7月7日(水)伊豆長岡「ホテル・サンバレー伊豆長岡」へ一泊旅行に行きます。今のところ当会からの参加者は2名ですが、役員会では、会費11,000円の内3,000円の補助を行うことを決めました。



■友和会総会

・日時 4月15日(月)
 午前11時より
・場所 防災センター
・総会後に会食と隠し芸など

■3月7日(木)定例三役会記録
・自治会規約改正について
・平成25年度定期総会について

■2月7日(木)定例三役会記録
・自治会規約改正について
・第6回役員会議題について
・豆まき大会反省会について
・伊豆マラソン走路員ボランティアについて

■1月10日(木)定例三役会記録
・副会長の兼務について
・規約改正について
・豆まき大会について

■12月6日(木)定例三役会記録

・三役の選任方法について
・子供は地域の宝事業について
・隣組名簿の更新について



10月度 「今までの主な会議、催しもの」

定例三役会
*10月4日(木)午後6時
「議題」
・校区運動会について
・防災訓練について
三島市社会福祉大会
*10月11日(水)
於:市民会館小ホール
東部自治会会長研修会
*10月21日(日)
  於:伊豆長岡
環境講演会
*10月24日(水)
  於:生涯学習センター
三島市連会長視察研修
*10月25日(木)
  於:浜岡原子力館

輪投げ大会で汗、友和会チーム健闘!

第38回いきいきクラブ輪投げ大会が10月4日(木)午後1時30分から三島市民体育館で行われました。
当町友和会からも8名の方が参加、1チーム5名で3ゲームに交互に出場し、67チーム中、推計45位と、経験不足、練習不足の割にはまずまずの成績を上げることができました。優勝は本町大中島三石会A、2位芝本町喜楽会A、3位大場喜楽会Aの順でした。




■会長、副会長の選出方法を検討
        =第3回役員会(9/8)

 9月8日(土)午後7時からの第3回役員会で、会長、副会長の選出方法について検討しました。
現自治会長、副会長4人は、来年3月末日に任期満了となりますが、後任の選出方法について、現在は特にルールがなく、今までは三役会の推薦によって、総会の承認を得て決めてきました。
 しかし、推薦制では、候補者の承諾を得ることが難しくなっているのが現状です。そのため、三役会では、役員会に諮り、一定のルールを決めることになりました。
 今回の役員会では、?現行の推薦制、?立候補制、?輪番制の3方法を提案、その中で、区単位の輪番制にする方法について検討を進めて行くことで、だいたい理解を得ることができました。
 今後、役員会を数回重ね、今年いっぱいには、会長、副会長の選出方法について、結論を出すことにしています。



■9月8日(土)に第3回役員会開催

 第3回役員会を、9月8日(土)午後7時から集会所で開催します。
 議題は、会長、副会長選出方法について。この問題については、三役会で3回検討しましたが、その内容を基に、区長、副区長のご意見をいただき、結論を出すことにしています。



■三役会(会長・副会長)開催状況

7月12日(木)18時~19時
「議題」
・第2回役員会開催について
・間眠神社清掃、例大祭、三島夏祭りへの対応について
その他の主な会議等
・6月27日(水)東小防災教育推進会議
・7月02日(月)社会を明るくする運動街頭広報

■三役会(会長・副会長)開催状況

6月7日(木)18時~19時
「議題」
・役員問題検討会設置について
・町内いっせい清掃の進め方について


■三役会(会長・副会長)開催状況

5月3日(木)18時~19時
・第1回役員会の議題など


氏子会総会=5月12日

平成24年度間眠神社氏子会総会が5月12日(土)午前11時から東部コミュニティセンターで行われ、当町から、15名の役員が出席しました。総会は、平成24年度の事業計画、予算などを承認、新役員に委嘱状が渡されました。
総会の後、恒例の懇親会に移り、氏子会5町内の親睦を深めました。


■三役会(会長・副会長)開催状況

4月5日(木)18時~19時
・平成23年度会計監査実施
「議題」
1、総会準備について
2、第1回役員会について
(1)日時
(2)隣組名簿の取り扱いについて
(3)ミックス古紙ポスターについて



■三役会(会長・副会長)開催状況

3月1日(木)18時~19時
1、総会準備について
(1)新年度役員の確認について
(2)総会資料の確認について
(3)議案書作りについて
2、隣組名簿の取り扱いについて
3、ミックス古紙ポスターについて

■第6回役員会(三役・区長等)開催状況

2月2日(木)19時~19時35分
1 豆まき大会について
2 来年度役員について
3 平成24年度定時総会について
4 ご苦労さん会について


防災講演会の開催

 1月27日(金)18時30分から、三島市民文化会館小ホールで行われ当町から2名が出席しました。講師は、阪神・淡路大震災を体験した兵庫県加古川グリーンシティ防災会長の大西賞典氏で、防災の輪を広げるコツなどについて、約2時間掛けて話されました。

友和会、総会と懇親会で楽しいひと時過ごす

 平成24年度友和会総会が4月16日(月)午前11時から東部防災センターで行われました。総会は、平成23年度の活動報告、同決算報告、監査報告を承認、次いで役員の選出、平成24年度事業計画案、同予算案を総て全員異議なく承認しました。
総会終了後は、恒例の懇親会に移り、少々アルコールが回ったところで、石崎敏夫さんがコミカルな音楽に乗ったマジックで沸かせ、もう直ぐ99歳になる津田たまさんが、カラオケで演歌を3曲、張りのある声で歌ってやんややんやの拍手、後藤実さんが「仕事(たび)の宿」を熱唱、これに続けとばかり、続々、女性軍などが登場、最後に庄司副会長が、かくし芸の動物ものまねを披露して、ますます盛り上がったところで時間切れお開きになりました。


友和会で新年会

 1月23日(月)11時から、東部防災センタセンターで行われました。会食をしながらがら、会員の舞踊、マジック、カラオケ、クイズなどで楽しみ、13時30分に終了し終了しました。



ボーイスカウト第5団がバザー、大盛況!

 ボーイスカウト第5団のバザーが、9月23日(金・秋分の日)に、間眠公園で行われました。この日、初秋のさわやかな天候に恵まれ、約300人の方が来場、焼きそば、炊き込みご飯、わたがし、ジュースなどの飲食類に人気が集まり、衣類や日用品などのバザー品も大いに売れて、大盛況の内に、15時過ぎ終了しました。
 このバザーでは、第5団員約50人のスタッフが活躍、同団幹部は、これからも、地域に根ざしたスカウト活動で、住民のために貢献していきたいと語っています。


輪投げ大会に出場=友和会
 9月22日(木)午後から、谷田の静岡県総合健康センターで、三島市いきいきクラブ(老人会)主催の輪投げ大会が開催されました。市内36クラブから60チームが出場、当町の友和会も、初めてこの大会に参加、1ゲームで5名がそれぞれ7投、トータル3ゲームの合計得点で順位を争いましたが、友和会の出場者7名の中で、黒川弘さんが孤軍奮闘、得点を稼いだものの、合計得点が伸びず、低位に終わりました。
 しかし、初出場である程度要領が分かったところで、次回は、少しでも順位を上げることができるか、参加選手は早くも張り切っています。

敬老大会、元気な75歳以上で沸く

 平成23年度東部南地区敬老大会が、9月28日(水)午前10時から川原ケ谷の老人福祉センターで行われました。
 大会には、東部南6町から75歳以上の方176名が参加、豊岡武士市長の激励のあいさつ、喜寿、米寿の代表に市長から記念品の箸の贈与、模範老人の表彰などが行われました。
 第2部は恒例の演芸大会、16組の方が、舞踊、フラダンス、詩吟、カラオケ、マジックなど日頃鍛えた芸を舞台いっぱいに披露、トリは特別出演の伊豆長岡住吉鷹外門下生6名による江戸芸「かっぽれ」踊りで雰囲気も最高潮に達したところで演芸大会も幕となりました。
 演芸大会が終わって、お楽しみ抽選会に入り、6名の自治会長が、それぞれ5回ずつ引いた当たり番号30本に、当たった人は景品(商品券)をもらい大喜びでした。
 参加者には、三島市の助成を得て、自治会連合会からお弁当、お菓子などが渡され、また、各町自治会からお菓子やみかん、バナナなどが配られ、参加者は満足顔、賑やかな内に午後2時20分閉会しました。
 当町の出席者は今回も17名と他町に比べて少なく、次回はもっと多くの参加者があるようお願いします。しかし、演芸には、今回も、舞踊に矢中美代さん、鈴木暁子さん、マジックショーに石崎敏夫さんが出演、会場の拍手を浴びました。

いきいきクラブ三島芸能祭開かれる

 6月22日(水)午前10時から、三島市民文化会館大ホールで、第46回いきいきクラブ三島芸能祭が行われました。
 市内39団体から345名が出演、舞踊、詩吟、ハワイアンダンス、合唱、歌謡曲など多岐に亘り、長年培った得意芸を披露しました。
 当町内から、今回も友和会の舞踊部6名が3番目に登場、きっぷの良い「鳴門海峡」をみごとに踊り、会場の喝采を浴びました。

 

環境美化推進大会行われる

 平成23年度三島市環境美化推進大会が、6月1日(水)13時30分から16時まで、三島市民文化会館小ホールで行われました。当町からも、自治会長、専任環境美化推進が出席しましました。
 大会は、豊岡武士市長らの来賓あいさつなどがあった後、環境美化功労表彰が団体3、個人9、環境貢献活動企業表彰が2企業に授与されました。次いで大会宣言として、1.「地球にやさしいまちゴミゼロ社会、資源循環型社会」を実現するため、廃棄物の抑制、減量とリサイクルの推進。
2.「全国に誇れる美しいまち・三島」を実現するため環境美化活動を強力に推進することを満場一致採択しました。
 第2部環境講演は、静岡県地球温暖化防止活動推進委員の山本達雄氏が、「環境と私たちのくらし」〜お財布にやさしい生活術〜と題して、具体的な節電術を中心に熱の入った講演を行いました。


ドッチボール大会で、低学年チームが3位入賞

 東小学校区子供会連合会主催のドッチボール大会が、5月22日(日)午前8時20分から、曇り空の東小グランドで行われました。
 当町からは、低学年、高学年の2チームが参加しましたが、高学年チームは健闘空しく6位(最下位)に甘んじましたが、低学年(1〜3年)チームはみごと3位に入賞しました。優勝は、高学年が大宮・加茂、低学年は東本町2丁目でした。

友和会総会と懇親会、楽しい雰囲気の中で行われる

 平成23年度友和会総会が4月25日(月)午前11時から東部防災センターで行われました。総会では、平成22年度の活動報告、同決算報告、監査報告を承認、新役員の選出を行った後、平成23年度事業計画案、同予算案が提案され、全員異議なくこれを承認しました。
総会終了後、会食に移り、少々アルコールが回ったところで、石崎敏夫さんの軽妙な音楽に乗ったマジック、矢中美代さん、鈴木暁子さん、沢口幸子さんの舞踊3題が披露され、次いで、後藤実さんの演歌、外川愛子さん、津田たまさん、黒川弘さんの歌、最後に、みんなで北国の春などを合唱し、あっと言う間に予定の時間午後2時となり、片づけをして散会しました。


グランドゴルフをやりませんか

 友和会では、間眠神社広場でグランドゴルフの練習をやっています。やる日は今のところ定期的ではありませんが、やる場合は普通午前10時から11時半くらいまでです。やってみたい人は次にご連絡ください。
「庄司順吉:972-1948又は小川正三:971-1702」



三島いきいきクラブ芸能祭に応援を

日時:6月24日(木)開場:午前9時30分 開演:10時
場所:三島市文化会館大ホール
出演:友和会(踊り7名)
応援:昼食の弁当とお菓子を友和会舞踊部で出します。応援に来て下さる方の人数をご報告ください。
   6月15日(火)まで矢中さん(TEL:971-3716)
※出演順は6月15日に抽選会で決まります。

骨密度測定など健康相談会行われる。

 毎年、保健委員の手で実施している健康相談会が、10月19日(火)午後1時30分から防災センター2階和室で行われ、東本町1丁目、同2丁目、南二日町から男性12名、女性10名が参加しました。
 今回も、保健所の職員による骨密度測定、体脂肪測定に一人一人が臨み、それぞれ自分の測定値を見て、一喜一憂していました。保健所では、これらの数値はあくまで参考資料として、日常の健康管理に生かして欲しいと話していました。
 また、測定に続いて、口内環境と歯の健康についてのお話をしていただきました。歯の健康が、身体全体の健康に繋がるとの話でしたが、参加者からは、歯のケアについての質問もあり有意義な相談会でした。
 当町保健委員の佐藤紀代さん、堀江君代さん大変ご苦労様でした。


虐待から子どもを守ろう!
 最近、幼児などへの虐待が多く伝わっています。三島市でも、昨年20件ほどの幼い子供への虐待が摘発されました。
 無残な虐待は地域の力で防がなければなりません。もし、お住まいの周辺で、幼児や高齢者などへの虐待の気配や実態が見受けられましたなら、できるだけ早く自治会(TEL971-1702 小川)へお知らせください。自治会から市役所へ伝え、善処するよう要請します。

ついにご用、「噛み付き猿」!
 静岡県一帯を騒がせていた、通称「噛み付き猿」がついにご用となりました。
現在は楽寿園の檻の中で殊勲な顔をして皆様のご来園を待っております。ぜひ一度ご来園下さい。最近は楽寿園も平日は閑散としております。少し昔のにぎわいが欲しいものですね。